KDDI スペシャル アンドリス・ネルソンス指揮 ボストン交響楽団 KDDI Special ANDRIS NELSONS Conducts BOSTON SYMPHONY ORCHESTAR 2022年11月13日(日)~11年15日(火)

  • 6月30日

    各席種の範囲を表示した座席表を公開しました。

  • 5月31日

    「KDDI スペシャル アンドリス・ネルソンス指揮 ボストン交響楽団 2022」特集ページ公開。
    今後、公演開催に向けて情報を追加していきます。

いまや世界中のトップオーケストラから
信頼を得る若きマエストロ、
アンドリス・ネルソンス。
そのネルソンスとともに長い伝統の歴史に
新たな伝説を刻むオーケストラ、
ボストン交響楽団。

2016,17年のグラミー賞を連覇、
2019年にも3度目の栄冠に輝いた、
まさに世界を席巻するコンビが2017年以来
5年ぶりに来日します。
さらに、協奏曲のプログラムには
ピアニスト内田光子が登場(東京11/14・大阪11/11)。
まさに必見必聴です。
またコンサートだけでなく、
公開リハーサルや青少年プログラムなど
多彩な企画も開催予定です。

公演情報

オーケストラ公演 発売日程
※詳細・購入は各公演日付のリンクからご確認ください。

  • サントリーホール・メンバーズ・クラブ 先行発売

    7月9日(土)10:00 ~ 23日(土)

  • 一般発売

    7月24日(日)10:00 ~

オーケストラ公演 詳細
会場:大ホール 
指揮:アンドリス・ネルソンス 
管弦楽:ボストン交響楽団

詳細・チケット情報 曲目 料金

マーラー:交響曲第6番 イ短調

各公演とも
S 34,000円
A 29,000円
B 24,000円
C 19,000円
D 14,000円
(税込)

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
(ピアノ:内田光子)
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 作品47「革命」

ショウ:『Punctum』(オーケストラ版)[日本初演]
モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K. 550
R. シュトラウス:『アルプス交響曲』作品64

  • マーラー:
    交響曲第6番 イ短調

  • ベートーヴェン:
    ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
    (ピアノ:内田光子)
    ショスタコーヴィチ:
    交響曲第5番 ニ短調 作品47「革命」

  • ショウ:
    『Punctum』(オーケストラ版)[日本初演]
    モーツァルト:
    交響曲第40番 ト短調 K. 550
    R. シュトラウス:
    『アルプス交響曲』作品64

  • 料金
    各公演とも

    S 34,000円
    A 29,000円
    B 24,000円
    C 19,000円
    D 14,000円
    (税込)

併催企画

  • ボストン交響楽団奏者による
    マスタークラス

    11月12日(土)開催予定

    講師:未定
    会場:ブルーローズ(小ホール)

    ※9月発売予定

    過去のマスタークラスより

  • 無料公開リハーサル

    11月13日(日)開催予定

    会場:大ホール

    ※応募方法などの詳細は9月以降、本ページなどでご案内します。

    過去の公開リハーサルより

  • 青少年プログラム

    11月14日(月)開催予定

    会場:大ホール

    ※中高生を対象とした、学校単位でご参加いただく特別プログラム(要事前申込み)。

    過去の公演より

出演者プロフィール

  • Andris Nelsons, Conductor 指揮:アンドリス・ネルソンス

    2014/15シーズンよりボストン交響楽団の第15代音楽監督に就任、18年2月にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスター(楽長)にも就任した。ボストン響とは、ショスタコーヴィチ交響曲全曲録音のプロジェクトを行っており、これまでに3つのグラミー賞を獲得。
    20/21シーズンは、COVID-19パンデミックの中で、ボストン響の配信プラットフォーム「BSO NOW」を通じて配信された、シンフォニーホールにて収録の15公演のうち、6公演で同楽団を指揮。20年1月にはウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを指揮し、その様子は世界中に届けられた。

  • Mitsuko Uchida, Piano ピアノ:内田光子
    (東京11/14・大阪11/11出演)

    長年にわたりシカゴ響、べルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管など世界の主要オーケストラとの共演を重ね、ハイティンク、ヤンソンス、ムーティといった世界的な指揮者との共演も多い。また、ウィーン、ベルリン、パリ、東京などで定期的にリサイタルを行い、ザルツブルク音楽祭にも定期的に参加している。11年にクリーヴランド管を弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲のライヴ録音で、また17年にレシュマンと録音したアルバムでグラミー賞を受賞。09年には大英帝国勲章「デイム」の称号が授与された。15年、高松宮殿下記念世界文化賞(音楽部門)を受賞。サントリーホール アソシエイト・アーティスト。

  • Boston Symphony Orchestra ボストン交響楽団

    ボストン交響楽団の歴史は、2022/23シーズンで142年目を迎える。本拠地ボストンでの公演のほか、タングルウッド音楽祭への出演や、ボストン・ポップス・オーケストラでも世界的に知られている。COVID-19パンデミックを受けた20/21シーズンは、ボストン響の配信プラットフォーム「BSO NOW」で世界中の観客に演奏を届けた。音楽監督は初代のヘンシェルからニキシュ、クーセヴィツキー、ミュンシュらへと引き継がれ、1973年には小澤征爾が13代目音楽監督に就任、2002年まで29年間務めた。14/15シーズンからはアンドリス・ネルソンスが音楽監督に就任。3度のグラミー賞受賞のほか、欧州・アジアツアーの開催や、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との連携など、ボストン響の新たな時代の幕開けとなった。

他都市公演

  • 横浜公演

    日時

    11月9日(水)19:00開演

    会場

    横浜みなとみらいホール

    曲目

    マーラー:

    交響曲第6番 イ短調

    お問い合わせ

    横浜みなとみらいホール

    045-682-2000
    (月~木 11:00〜16:00 ※祝・休業日除く)

  • 京都公演

    日時

    11月10日(木)19:00開演

    会場

    京都コンサートホール

    曲目

    ショウ:

    『Punctum』(オーケストラ版)[日本初演]

    モーツァルト:

    交響曲第40番 ト短調 K. 550

    R. シュトラウス:

    『アルプス交響曲』作品64

    お問い合わせ

    京都コンサートホール

    075-711-3231
    (10:00~17:00 ※休館日:第1・第3月曜日、休日の場合はその翌日)

  • 大阪公演

    日時

    11月11日(金)19:00開演

    会場

    フェスティバルホール

    曲目

    ベートーヴェン:

    ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調
    作品73「皇帝」(ピアノ:内田光子)

    ショスタコーヴィチ:

    交響曲第5番ニ短調 作品47「革命」

    お問い合わせ

    フェスティバルホール

    06-6231-2221
    (10:00~18:00)

ホームページの今後の改善のために、ご意見・ご要望をお聞かせください。

ホームページの今後の改善のために、
ご意見・ご要望をお聞かせください。

Page Top