No. 23 湯浅譲二 (1929-)

1999年11月9日

湯浅譲二:クロノプラスティクII―エドガー・ヴァレーズ讃―〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:岩城宏之
フルート:木ノ脇道元
東京交響楽団
曲目
エドガー・ヴァレーズ:アンテグラル
伊左治直:畸形の天女/七夕
湯浅譲二:クロノプラスティク―スタシス(静)とキネシス(動)の間で―
湯浅譲二:クロノプラスティクII―エドガー・ヴァレーズ讃―〔委嘱作品・世界初演〕

No. 24 ジルベール・アミ (1936-)

2000年12月4日

ジルベール・アミ:チェロとオーケストラのための協奏曲〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:井上道義
チェロ・ジャン=ギアン・ケラス
東京交響楽団
曲目
ジルベール・アミ:3つの情景―オーケストラのための
ジルベール・アミ:チェロとオーケストラのための協奏曲〔委嘱作品・世界初演〕
フランク・クラヴジク:廃墟―オーケストラのための
ベラ・バルトーク:演奏会用組曲「中国人の不思議な役人」  op.19 Sz73

No. 25 ドイナ・ロタル (1951-)

2001年9月9日

ドイナ・ロタル:交響曲第3番「スピリット・オブ・エレメンツ」〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:飯森範親
フルート:ピエール=イヴ・アルトー
東京フィルハーモニー交響楽団
曲目
ダン・デデュ:エチュード・モットー―モーツァルトのモットーによる管弦楽のための習作 op.23
ドイナ・ロタル:交響曲第3番「スピリット・オブ・エレメンツ」〔委嘱作品・世界初演〕
ドイナ・ロタル:螺旋II―フルート協奏曲第2番
湯浅譲二:始源への眼差II

No. 26 エサ=ペッカ・サロネン (1958-)

2002年12月1日

エサ=ペッカ・サロネン:インソムニア〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:エサ=ペッカ・サロネン
NHK交響楽団
曲目
田中カレン:ローズ・アブソリュート〔世界初演〕
エサ=ペッカ・サロネン:フォーリン・ボディーズ
ヴィトルト・ルトスワフスキ:管弦楽のための本
エサ=ペッカ・サロネン:インソムニア〔委嘱作品・世界初演〕

No. 27 ヘルムート・ラッヘンマン (1935-)

2003年12月4日

ヘルムート・ラッヘンマン:書〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:秋山和慶
ピアノ:菅原幸子
東京交響楽団
副指揮:マティアス・ヘルマン
副指揮:下野竜也
曲目
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:序曲「コリオラン」 op.62
ヘルムート・ラッヘンマン:書〔委嘱作品・世界初演〕
イザベル・ムンドリー:流砂〔日本初演〕
ヘルムート・ラッヘンマン:ピアノ協奏曲「よみがえる響き」〔日本初演〕

No. 28 ヴィンコ・グロボカール (1934-)

2004年8月26日 <管弦楽>

ヴィンコ・グロボカール:「人質」―大オーケストラとサンプラーのための〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:ヴィンコ・グロボカール
トロンボーン:バリー・ウェップ
東京フィルハーモニー交響楽団
曲目
ヴィンコ・グロボカール:「労働」―大オーケストラのための〔日本初演〕
ルネ・レイボヴィッツ:コンチェルティーノ―トロンボーンとオーケストラのための〔日本初演〕
ラリッサ・ヴルハンク:「ホログラム」―オーケストラのための〔日本初演〕
ヴィンコ・グロボカール:「人質」―大オーケストラとサンプラーのための〔委嘱作品・世界初演〕

2004年8月30日 <室内楽>

出演
指揮:ヴィンコ・グロボカール
トロンボーン:バリー・ウェップ、ヴィンコ・グロボカール
フェスティバルアンサンブル
曲目
ヴィンコ・グロボカール:背中合わせ〔日本初演〕
ヴィンコ・グロボカール:見えない時間〔日本初演〕
ヴィンコ・グロボカール:それでも地球は廻っている〔日本初演〕 
ヴィンコ・グロボカール:鉄の山〔日本初演〕 

No. 29 サルヴァトーレ・シャリーノ (1947-)

2005年8月27日 <管弦楽>

サルヴァトーレ・シャリーノ:シャドウ・オブ・サウンド―オーケストラのための〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:ティート・チェッケリーニ
ピアノ:ニコラス・ホッジズ
東京フィルハーモニー交響楽団
曲目
サルヴァトーレ・シャリーノ:ハリー・パーチ以後の傾向―ピアノとオーケストラのための
ルイジ・ノーノ:建築家C.スカルパ、その無限の可能性に寄せて―ミクロインターヴァル(微小音程)のオーケストラのための
ステファノ・ジェルヴァゾーニ:導音―オーケストラのための
サルヴァトーレ・シャリーノ:シャドウ・オブ・サウンド―オーケストラのための〔委嘱作品・世界初演〕

2005年8月29日 <室内楽>

出演
指揮:ベアト・フラー
バリトン:オットー・カッツァマイヤー
クラングフォーラム・ウィーン
曲目
サルヴァトーレ・シャリーノ:さかさまの空間~アンサンブルのための〔日本初演〕
ベアト・フラー:静寂〔日本初演〕
サルヴァトーレ・シャリーノ:旅のノート〔日本初演〕

No. 30 マーク=アンドレ・ダルバヴィ (1961-)

2006年8月25日 <管弦楽>

マーク=アンドレ・ダルバヴィ:ヤナーチェクの作品によるオーケストラ変奏曲  〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:マーク=アンドレ・ダルバヴィ
ピアノ:レイフ・オヴェ・アンスネス
東京フィルハーモニー交響楽団
曲目
マグヌス・リンドベルイ:彫刻〔日本初演〕
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:ピアノ協奏曲〔日本初演〕
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:ヤナーチェクの作品によるオーケストラ変奏曲  〔委嘱作品・世界初演〕
クロード・ドビュッシー:海―管弦楽のための3つの交響的素描

2006年8月30日 <室内楽>

出演
指揮:マーク=アンドレ・ダルバヴィ
オーボエ:柴山洋
アンサンブル・ノマド
曲目
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:乱れた拍子の前に……〔日本初演〕
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:タクトゥス〔日本初演〕
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:三重奏〔日本初演〕
マーク=アンドレ・ダルバヴィ:移ろいの進行―オーボエとアンサンブルのための〔日本初演〕

No. 31 ジャン=クロード・リセ (1938-)

2007年9月5日 <管弦楽>

ジャン=クロード・リセ:スキーム―ヴァイオリンとオーケストラのための 〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:秋山和慶
ヴァイオリン:木村まり
東京交響楽団
曲目
ファビアン・レヴィ:一致―シンフォニー・オーケストラのための
ジャン=クロード・リセ:位相―オーケストラのための4つのエチュード
ジャン=クロード・リセ:スキーム―ヴァイオリンとオーケストラのための 〔委嘱作品・世界初演〕
アンドレ・ジョリヴェ:5つの儀礼的舞曲

2007年9月8日 <室内楽>

出演
指揮:佐藤紀雄 
ソプラノ:吉川真澄
ヴァイオリン:木村まり
ピアノ:中川賢一
ディスクラヴィア:ジャン=クロード・リセ
アンサンブル・ノマド 
音響:有馬純寿
曲目
ジャン=クロード・リセ:「リトルボーイ」のための音楽(ピエール・アレによる広島の惨劇についての劇より)
「ナカ」―ソプラノと4楽器のための
「Fall」―2トラックテープのための
ジャン=クロード・リセ:ヴァリアンツⅡ―コンピュータ処理によるヴァイオリンのための作品〔世界初演〕
ジャン=クロード・リセ:対話―4人の奏者とコンピュータ合成によるテープのための
ジャン=クロード・リセ:Tri-Ⅳ―ピアノのための(クセナキスへのオマージュ)
ジャン=クロード・リセ:一人のピアニストのためのデュエット:3つのエチュード―ヤマハ・ディスクラヴィア・ピアノのための
ジャン=クロード・リセ:オスクラ―ソプラノとコンピュータのための
ジャン=クロード・リセ:共鳴する音空間―8トラックテープのための
ジャン=クロード・リセ:蜃気楼Ⅲ―16楽器とテープのための

No. 32 ステファーノ・ジェルヴァゾーニ (1962-)

2008年8月29日 <管弦楽>

ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:ルコネサンス〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:杉山洋一 
ピアノ:バハル・ドルドゥンジュ
東京都交響楽団 
曲目
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:イーレネ・シュテンメ―ピアノと交響管弦楽のための「パルティータの始まり」〔日本初演〕
クレール=メラニー・シュニベール:クロニーク[消息]〔フランス政府委嘱作初演〕
ニッコロ・カスティリオーニ:冬―ふ・ゆ―小オーケストラのための11の音楽詩〔日本初演〕
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:ルコネサンス〔委嘱作品・世界初演〕

2008年8月24日 <室内楽>

出演
指揮:杉浦洋一
フルート:マリオ・カローリ
東京シンフォニエッタ、マクロコスモス
曲目
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:アン―シューベルトの相関性によるセレナータ風 アルト・フルート、クラリネットと弦楽トリオのための
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:アニマート―8楽器のための〔日本初演〕
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:アンティテッラ―12楽器のための〔日本初演〕
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:シャン―フルートと22奏者のための〔日本初演〕
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ:スヴェーテ・ティヒ~「幻想曲」によるカプリッチョ~2台ピアノと2打楽器のための〔日本初演〕

No. 33 ウンスク・チン 陳銀淑 (1961-)

2009年8月28日 <管弦楽>

ウンスク・チン:シュウ―中国笙とオーケストラのための協奏曲〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:秋山和慶
笙:ウー・ウェイ 吴巍
東京交響楽団
曲目
ジェルジ・リゲティ:サンフランシスコ・ポリフォニー
アントン・ウェーベルン:オーケストラのための5つの小品 op.10
ウンスク・チン:ロカナ―大オーケストラのための〔日本初演〕
スキ・カン:カテナ―大オーケストラのための〔日本初演〕
ウンスク・チン:シュウ―中国笙とオーケストラのための協奏曲〔委嘱作品・世界初演〕 *共同委嘱/エッセン・フィルハーモニー、アムステルダム土曜マチネ、ロサンゼルス・フィルハーモニック

2009年8月24日 <室内楽>

出演
指揮:杉山洋一
打楽器:吉原すみれ、加藤訓子、宮本典子 
ピアノ:中川賢一
ソプラノ:森川栄子、吉川真澄 
ライブ・エレクトロニクス:有馬純寿
アンサンブル・ノマド
曲目
ウンスク・チン:アレグロ・マ・ノン・トロッポ―打楽器とテープのための〔日本初演〕
ウンスク・チン:3つのピアノ・エチュード 
第1番「ハ調」 、第6番「種子」―ピエール・ブーレーズのために、第5番「トッカータ」
イリャン・チャン 鄭逸錬:BENU―マリンバ、ヴィブラフォンと大アンサンブルのための(ウンスク・チン委嘱作)〔世界初演〕
ウンスク・チン:錯綜としがらみ(オペラ『不思議の国のアリス』から)―ソプラノとアンサンブルのための (ジュンユン・ジョー編曲)〔世界初演〕
ウンスク・チン:折句―言葉の遊戯―ソプラノとアンサンブルのための(『鏡の国のアリス』と『ネバーエンディングストーリー』による)〔日本初演〕
ウンスク・チン:ピアノ、打楽器とアンサンブルのための二重協奏曲〔日本初演〕

No. 34 ジョナサン・ハーヴェイ (1939-2012)

2010年8月30日 <管弦楽>

ジョナサン・ハーヴェイ:80ブレス・フォー・トウキョウ―オーケストラのため〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:沼尻竜典
東京フィルハーモニー交響楽団
CDオペレーター:有馬純寿
曲目
ジョナサン・ハーヴェイ:ボディ・マンダラ―オーケストラのための〔日本初演〕
リヒャルト・ワーグナー:聖金曜日の音楽―舞台神聖祝典劇『パルジファル』から
エクトル・パラ:カルスト=クロマⅡ―大オーケストラのための〔日本初演〕
ジョナサン・ハーヴェイ:80ブレス・フォー・トウキョウ―オーケストラのため〔委嘱作品・世界初演〕

2010年8月26日 <室内楽>

出演
指揮:板倉康明
ヴァイオリン:山本千鶴
東京シンフォニエッタ
弦楽四重奏:クヮトロ・ピアチェーリ
エレクトロニクス:ジルベール・ヌノ(IRCAM)
曲目
ジョナサン・ハーヴェイ:スリンガラ・シャコンヌ―15人の奏者のための〔日本初演〕
ジョナサン・ハーヴェイ: 隠された声2―12人の奏者とCDのための〔日本初演〕
ジョナサン・ハーヴェイ:シェーナ―ヴァイオリンと9人の奏者のための〔日本初演〕
ジョナサン・ハーヴェイ:弦楽四重奏曲第4番―ライブ・エレクトロニクスを伴う〔日本初演〕

No. 35 ジュリアン・ユー (1957-)

2011年8月25日 <管弦楽>

ジュリアン・ユー:交響組曲「我らの自然界のために」〔委嘱作品・世界初演〕

出演
指揮:山田和樹  
東京都交響楽団
曲目
ジュリアン・ユー:舞雩
湯浅譲二:芭蕉の情景
田中聰:沈黙の時―オーケストラのための
湯浅譲二:内触角的宇宙 (ジュリアン・ユー編曲)
ジュリアン・ユー:交響組曲「我らの自然界のために」〔委嘱作品・世界初演〕

2011年8月30日 <室内楽>

出演
指揮:板倉康明
ヴァイオリン:山本千鶴
東京シンフォニエッタ
曲目
ジュリアン・ユー:ビーバーによるパッサカリア~ヴァイオリン独奏のための〔日本初演〕
ジュリアン・ユー:閃光Ⅱ~ピアノ、2台のヴィブラフォンとグロッケンシュピールのための〔日本初演〕
ジュリアン・ユー:チャコンニッシマ~4人の打楽器奏者とピアノのための〔日本初演〕
ジュリアン・ユー:フィロペンタトニア~室内オーケストラのための op.32〔日本初演〕
モデスト・ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ジュリアン・ユー編曲)〔日本初演〕