主催公演

サントリーホール主催公演 2021-22シーズンラインナップ

サントリーホールは、2021年に開館35周年を迎えます。
2021年、初夏の室内楽の祭典「チェンバーミュージック・ガーデン」は10周年となり例年より長く22日間にわたって開催、8月には現代音楽の祭典「サマーフェスティバル」を、そして秋には「35周年記念 ガラ・コンサート」、サントリーホール独自のオペラの表現形式「ホール・オペラ® ヴェルディ:ラ・トラヴィアータ(椿姫)」、80歳の記念イヤーを迎える巨匠リッカルド・ムーティが指揮するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界のトップ・アーティストによる豪華な公演を展開します。また、日本初こどものためのオーケストラ定期演奏会「こども定期演奏会」は20周年を迎え、さらに充実した内容でお届けします。

主催公演2021-22シーズンラインナップちらし中面 ※PDFはページ下部にてご覧いただけます