社風について

「やってみなはれ」の精神が社員を後押しし、「みとくんなはれ」の精神が会社を突き動かす。

「やってみなはれ」。これは、サントリーの創業者である鳥井信治郎の口癖でした。やってみよう。やってみなければわからない。「新しい価値創造」を目指すサントリーを表すこの言葉は、サントリー食品インターナショナルにも脈々と受け継がれています。

ただし、「やってみなはれ」という言葉はどんなことも自由に挑戦させてもらえるという意味ではありません。そこには必ず「やりきってみせます」という強い意志のこもった「みとくんなはれ」という言葉がセットで存在するのです。

例えば2004年に新発売され大ヒットした「伊右衛門」。それまで数多くの緑茶飲料を市場に投入してきたものの、「サントリー烏龍茶」をNo.1に押し上げた営業力を持ってしても、緑茶市場で上位に食い込むことはできませんでした。それでも「やってみなはれ」の後押しと「みとくんなはれ」の強い意志で、失敗にくじけることなく緑茶市場に挑み続けたことが、大ヒットとして大きな実を結んだのです。

そして、これからもサントリー食品インターナショナルは「次世代のグローバル飲料カンパニー」を目指し、「やってみなはれ」「みとくんなはれ」の精神で挑戦を続けていきます。