ニュースリリース

ニュースリリース

  • (2021/4/5)

サントリー緑茶「伊右衛門」ブランドからブレンド茶登場
「伊右衛門 京都ブレンド」初TV-CMに
女優・宮沢りえさんを起用!
4月6日(火)より全国でオンエア開始
伊右衛門さん・本木雅弘さんとの2年ぶりのCM共演が実現
宮沢さんと伊右衛門さんのおなじみの息の合った掛け合いも必見!

 サントリー食品インターナショナル(株)は、4月6日より発売するサントリー緑茶「伊右衛門」ブランドから新発想のブレンド茶となる「伊右衛門 京都ブレンド」の初TV-CMのキャストに、宮沢りえさんを迎え、「伊右衛門 京都ブレンド 伊右衛門さんに物申す」篇を発売日同日の4月6日(火)から全国でオンエアします。

 新商品「伊右衛門 京都ブレンド」は、「お茶の質は、色に出る」という考えを緑茶に限らずブレンド茶においても踏襲し、昨年4月に発売以来最大のリニューアルを行ったサントリー緑茶「伊右衛門」と同様に、一目でわかる美味しさと上質さを合わせ持った新しいブレンド茶です。
 新TV-CMでは、宮沢さんが「お茶は緑が大事って言っていますけど、このキレイな琥珀色はなんですか?」と問うと、伊右衛門さんが「飲んでみなはれ」と返します。宮沢さんが「みなはれ、って」と少し疑問に思いながらも一口飲んでみると、「こう来たか」と、「伊右衛門 京都ブレンド」の美しい琥珀色と味わいに惚れ惚れしてしまうという内容となっています。2年ぶりのCM共演となる本木さんと宮沢さんの息のあった掛け合いにご注目ください。

新TV-CM内容
「伊右衛門 京都ブレンド 伊右衛門さんに物申す」篇(宮沢りえさん・本木雅弘さん出演)
 本木さん演じる伊右衛門さんに、宮沢さんが「お茶は緑が大事って言っていますけど、このキレイな琥珀色はなんですか?」と「伊右衛門 京都ブレンド」の琥珀色について問うと、伊右衛門さんの「飲んでみなはれ」という返しに「みなはれ、って」と少し疑問に思いながらもゴクリ。「こう来たか」と納得の表情。真っ白のセットの中で映える、美しい琥珀色の「伊右衛門 京都ブレンド」と宮沢さんの凛とした美しさが際立つ新TV-CMです。

タイトル :「伊右衛門 京都ブレンド 伊右衛門さんに物申す」篇(宮沢りえさん・本木雅弘さん出演)
放映開始 :2021年4月6日(火)
放映地域 :全国
動画URL :https://www.youtube.com/watch?v=yXRSKt9XVqU

制作秘話
 新商品「伊右衛門 京都ブレンド」の第一弾CM撮影ということで、現場は始まる前からワクワクと緊張の入り混じった雰囲気に包まれていました。
 そんな中でも、本木さんと宮沢さんのお二人は凛としたオーラを放ち、終始落ち着いた様子で撮影に臨んで いました。宮沢さんには撮影前に琥珀色の「京都ブレンド」を飲んでいただき、「なかなか飲んだことないブレンドの味で美味しい!」と感想をいただきました。
 「ちょっと伊右衛門さん」「飲んでみなはれ」「みなはれ、って…」とお二人で会話するシーンでは、まるで本当の夫婦の掛け合いのように微笑ましく、スタッフも「こう来たか」と思わず唸ってしまうような圧巻の演技でした。

「伊右衛門 京都ブレンド」商品情報
2021年4月6日(火)発売

 「伊右衛門 京都ブレンド」は、「お茶の質は、色に出る」という考えを緑茶に限らずブレンド茶においても踏襲し、昨年4月に発売以来最大のリニューアルを行ったサントリー緑茶「伊右衛門」と同様に、一目でわかる美味しさと上質さを合わせ持った新しいブレンド茶です。
 京都の老舗茶舗「福寿園」茶匠のブレンド技術で編み出した、雑味のないすっきりとした上質な味わいと、明るく透きとおった琥珀色が特長のブレンド茶で、厳選した焙じ茶・京番茶・大麦・炒り米・和紅茶という5つの素材を使用することで複層的な焙煎香を持つ、飲み飽きない味わいに仕上がっています。また、密閉構造ドリップ抽出・高精度濾過を採用することで、「香ばしく、軽やか」な味わいを実現しています。

「伊右衛門 京都ブレンド」
600mlペットボトル、140円、24本
500mlペットボトル、140円、24本 ※自動販売機向け
▼発売期日    2021年4月6日(火)
▼発売エリア   全国
▼サントリー緑茶「伊右衛門 京都ブレンド」ホームページ http://suntory.jp/kyotoblend/

タレントプロフィール

本木 雅弘
1965年生まれ、埼玉県出身。81年TVドラマ「2年B組仙八先生」でデビュー。
89年映画「226」で日本アカデミー賞新人俳優賞、映画「シコふんじゃった。」(92)で同賞最優秀主演男優賞など多数受賞。自ら発案し主演を務めた「おくりびと」(08)は日本映画史上初となる、米国アカデミー賞外国語映画賞部門を受賞するなど、国内外で数々の映画賞を受賞。TVドラマではNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」(09)で主演・秋山真之役、「運命の人」(12/TBS)では山崎豊子の推薦により主人公弓成亮太を演じた。CM界でも独自の存在感を放ち、名実ともに活躍する実力派。昨年、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にて斎藤道三役で出演し、その熱演が大きな話題となった。
[主な出演作]ラストソング(94)、トキワ荘の青春(96)、双生児~GEMINI(99)、巌流島GANRYUJIMA(03)、日本のいちばん長い日」(15)、天空の蜂(15)、永い言い訳(16)。

宮沢 りえ
1973年東京都生まれ。11歳でモデルデビュー。初主演映画「ぼくらの七日間戦争」(88年)で日本アカデミー賞新人賞を受賞。
香港映画「華の愛~遊園驚夢」(02年)ではモスクワ国際映画祭で主演女優賞、「たそがれ清兵衛」(02年)、「紙の月」(14年)、「湯を沸かすほどの熱い愛」(16年)では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞に輝く。圧倒的な存在感で、映画、舞台、テレビドラマ、CMと、多方面で活躍している。Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」シーズン2への出演が発表されたばかり。
また、22年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にて、牧の方役の出演を控える。

以上

PDF版はこちら

PAGE TOP