ニュースリリース

ニュースリリース

  • (2019/8/27)
  • サントリー食品インターナショナル株式会社

サントリー「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」・「同 ほろあまエスプレッソ」
トミー・リー・ジョーンズさん扮する宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ 第70弾
立川談春さんが和菓子屋の店主役でTV-CM初出演!
跡継ぎ息子役の岡崎体育さんと
“落語家×ミュージシャン”異色のコラボが実現!!
新TV-CM「老舗」篇
9月3日(火)から全国オンエア開始

サントリー 「カフェ・ド・ボス」
新TV-CM「老舗」篇より

 サントリー食品インターナショナル(株)は、“働く人の相棒コーヒー”「BOSS」より、カフェに立ち寄って飲む一杯のような、心休まるひと時を提案する、手間ひまかけたこだわりの缶コーヒー「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」と「同 ほろあまエスプレッソ」を9月3日(火)から新発売します。それにともない、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズさん扮する宇宙人ジョーンズでご好評をいただいているTV-CM「地球調査シリーズ」の最新作として、立川談春さん、岡崎体育さんが登場する「老舗」篇(30秒)を、9月3日(火)から全国でオンエアします。

■TV-CMについて
 とある惑星からやってきた宇宙人ジョーンズが、大物ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズそっくりの地球人になりすまし、さまざまな職業を転々としながら、未知なる惑星・地球を調査する「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」。最新作では、ジョーンズが見習いとして働く老舗和菓子屋を舞台に、いま最も人気のある落語家の一人で、近年は役者としても活躍中の立川談春さんが店主役として登場。意外にもTV-CM初出演という記念すべき作品で、独創的な作風とパフォーマンスで若者を中心に人気のミュージシャン・岡崎体育さん演じる跡継ぎ息子と、親子役で共演します。

 今回のTV-CMでは、「サボリ」は一般的に悪いこととされてきましたが、「少々のサボリ」は実は心身ともにリフレッシュできる“区切り”となって、結果的に仕事に好影響をもたらす場合もあることを、新商品「カフェ・ド・ボス」と、現代人の必需品である「スマホ」という2つの日常アイテムを使って、ユニークに表現しました。

 一番の注目ポイントは、一見頑固そうに見えて実は懐が深く、人情味あふれる和菓子職人を演じる談春さんとその息子役である岡崎さんとの、まるで本当の親子のような掛け合いです。さらには、スマホ片手にサボってばかりの駄目な息子かと思いきや、ネットで得た若者の最新事情をヒントに、岡崎さんが大ヒット商品を生み出すシーンや、親子の良い時間を過ごす2人を横目に、ちゃっかりサボる見習いジョーンズのリアクションなど、見どころ満載の新TV-CMにご注目ください。

■新TV-CMストーリー
「老舗」篇(30秒)
 老舗の和菓子屋にて。和菓子職人たちが働く厨房の鉄板で、見習いのジョーンズがどら焼きの生地を焼いているカットに、「この惑星では、サボることは、悪いこととされてきた」というナレーションが入ります。慌ただしい厨房で、繊細な手つきで和菓子を作るのは、店主の立川談春さん。黙々と和菓子を仕上げながら、頭の中で20年前の出来事を思い浮かべています。それは、店の裏手にあるベンチで「ボス」を飲んで、和菓子作りをサボっていた時のこと。先代の父親に見つかり、「また、サボってんのか!」と怒鳴られた談春さんは、「缶コーヒー飲んでるだけだよ」と言い訳します。

 回想シーンから現代に戻り、宇宙人の力を使って、一切手を触れることなく、どら焼きの生地をひっくり返すジョーンズ。その後ろで談春さんが「どこ行った?うちのバカ息子」と店の裏手に出て行くと、案の定、息子役の岡崎体育さんが20年前の自分と同じような格好でサボっています。当時の先代と同じ口調で「また、サボってんのか!」と怒鳴る談春さんに、岡崎さんは「スマホ見てるだけだよ」と返答。その後、談春さんに画面を見せながら、「あのさ、これ見てたら、ひらめいたんだよ」と語りかけます。

 数日後、岡崎さんのアイデアで誕生した棒つき和菓子が大ヒットし、店の前にはスマホで「映えー!」と撮影する女子高生たちが。追加の商品を取りに来た売り場の店員が「若い子にちょー人気です!」と、嬉しそうに報告しています。

 スマホと缶コーヒーを持って、店の裏手へ向かった談春さん。先にいた岡崎さんが「カフェ・ド・ボス」でひと息ついている隣で、談春さんがスマホの画面を見つめながら、「よし、これで俺もサボるぞー」と呟きます。岡崎さんが「そういう感じでもないんだけどな」と一言。すると、いつの間にか2人の横にいて、スマホ片手に「カフェ・ド・ボス」を飲みながら、「この惑星では、働かないと、サボれない。」とくつろぐジョーンズ。その様子に気づいた談春さんから「お前、配達は?」と聞かれ「サボりました」とジョーンズが答えるカットに続いて、「カフェ・ド・ボス、開店」というナレーションと、サボテンが置かれた商品カットが入ります。

サントリー 「カフェ・ド・ボス」
新TV-CM「老舗」篇より

■ウェブ広告について
 「老舗」篇の公開に合わせて、新TV-CMと同じ世界観のもと、岡崎さんを主人公にしたウェブ広告用6秒動画を制作しました。本動画には、和菓子屋の店主で、岡崎さんの父親役の談春さん、和菓子職人見習い役のジョーンズも登場。仕事をサボっている時に習得した華麗なペン回しのテクニックが、和菓子作りにも生かされていることをコミカルに描いた「いいサボり・ペン回し」篇、厨房の裏手に怒鳴り込んできた談春さんのカミナリを、自分の身代わりとして置いてきたサボテンを使ってかわす「変ワリ身ノ術」篇の2タイトルを通じて、一息つきたいときにぴったりの新商品「カフェ・ド・ボス」のメッセージを訴求していきます。

■撮影エピソード
◇リアルな和菓子職人に見せるための圧倒的な努力
 撮影中はもちろん、休憩の際にも本番用の「練り切り」を片時も離さず、自らの手に馴染ませていた談春さん。指導を行う和菓子の先生のそばで、「顔と手元の距離感はどれぐらいですか?」「これだと素人っぽく見えちゃいますか?」などと質問攻めをしていました。談春さんは「こんなに不器用な男はなかなかいないからね」と頭をかきつつ、その後も先生がいる現場と監督がいるモニター前を行ったり来たり。わずかな移動中もセリフの練習を繰り返すなど、必死で和菓子作りの感覚と職人らしい立ち居振る舞いを習得する姿に、スタッフ一同も頭が下がる思いでした。

◇つかみどころのない飄々とした跡継ぎ息子を熱演
 岡崎さんが演じたのは、やる気がないように見えて、彼なりにしっかり店のことを考えている跡継ぎ息子という役どころ。これまでドラマや映画の出演経験こそ少ないものの、岡崎さんは抜群のセンスとミュージシャンならではのリズム感を武器に、監督のさまざまなリクエストに対して、臨機応変に対応し、現場を盛り上げていました。

◇それぞれの肩書きとオーバーラップする2人の役どころと関係性
 師匠から語り継がれる落語を継承する噺家の談春さんと、既存の音楽シーンにとらわれない新しい表現を追求し続けるミュージシャンの岡崎さんという、異色の組み合わせが実現した今回のCM。代々続く老舗和菓子屋の頑固な店主と、伝統を守りつつも、時代のニーズを取り入れて進化させていく現代っ子の跡継ぎという、それぞれが演じる役柄との高い親和性に加え、醸し出す雰囲気がどことなく似ていて、気さくで人懐っこい笑顔の持ち主という共通点のある2人だけに、掛け合いのシーンは、まるで本当の親子のように馴染んでいました。

◇30代の談春さんと20年前の「ボス」が時空を超えた共演!?
 先代にサボりを注意される回想シーンでは、20年前の役を演じることとなった談春さん。若見えメイクによって、一気に50代から30代へと変身し、「びっくりするぐらい若返っちゃいました」とおどけながら現場入りすると、周りのスタッフから楽しそうな笑い声が聞こえてきました。ちなみに、この場面は設定が20年前ということで、当時発売されていた「ボス」の缶コーヒーを使用。ノスタルジックなデザインのパッケージを前にした談春さんが、「懐かしいなぁ」と感慨深そうにつぶやくひと幕もありました。

◇本番にめっぽう強い岡崎さんの演技に談春さんも脱帽!
 岡崎さんが華麗なペン回しならぬ“三角棒回し”を披露するシーン(ウェブ広告「いいサボり・ペン回し」篇)。撮影に当たり、30分ほど練習時間を設けて、岡崎さんは指導の先生からマンツーマンで技術を伝授されていました。通常のペンよりも太く長くて持ちにくいため、練習時には何度も失敗する場面がありましたが、「集中」「リラックス」と自己暗示をかけて臨んだ本番では、一発目から完璧な演技を披露。さらに、タイミング違いを撮ろうとした監督から「もう一回お願いします」と求められると、「やってみせます!」と快く応じ、有言実行の2テイクOKを獲得しました。これにはさすがの談春さんも「大した息子だ!」と脱帽。偉業を称えるスタッフ全員からの大きな拍手に、岡崎さんは力強いガッツポーズと満面の笑みを浮かべていました。

◇ジョーンズさんも終始ノリノリだった和菓子職人の見習い役
 白衣に帽子をかぶった職人の格好がとてもお似合いだった、見習い役のジョーンズさん。どら焼きの生地を鉄板に落とすシーンでは、繊細な手つきが求められる慣れない作業のせいか、なかなか丸い形にならず、監督から「もっと慎重に」と指示が飛ぶ場面もありました。それでも、日本の文化をこよなく愛するジョーンズさんだけに、老舗の和菓子屋を舞台にした今回のお芝居は、いつも以上に楽しかった様子。鼻歌交じりに泡立て器でボウルを叩き、鉄板のどら焼きを宇宙人パワーで一斉にひっくり返すカットでは、「マジシャンのように」という監督のリクエストに応じて、コミカルなアクションにも挑戦するなど、終始ノリノリで撮影に臨んでいました。

■出演者プロフィール
◇トミー・リー・ジョーンズ <TOMMY LEE JONES>
1946年9月15日生まれ、米国・テキサス州出身

◇立川 談春(たてかわ だんしゅん)
1966年6月27日、東京都出身

◇岡崎 体育(おかざき たいいく)
1989年7月3日、京都府出身

■CM概要
タイトル : サントリー カフェ・ド・ボス 新TV-CM 「老舗」篇(30秒)
放映開始日 : 2019年9月3日(火)
放送地域 : 全国
動画URL : https://www.youtube.com/watch?v=aO0qeYjVtDs

■ウェブ広告概要
タイトル :
サントリー カフェ・ド・ボス ウェブ広告「いいサボり・ペン回し」篇、「変ワリ身ノ術」篇(各6秒)
公開日 : 2019年9月3日(火)
動画URL :
「いいサボり・ペン回し」篇 https://www.youtube.com/watch?v=88frzUON8EI
「変ワリ身ノ術」篇 https://www.youtube.com/watch?v=3yKoYb7R2Jc

 

以上

PAGE
TOP