お気に入りを見つけよう!日本の鳥百科

イヌワシ

天狗のモデルという説もあり
深山を精悍(せいかん)に飛ぶ日本の山地最大の猛禽

全長63cm。翼開長174cmはいずれもメス。全身ほぼ黒褐色をした大型の猛禽で、成鳥では頭が金色になります。そのため英名はGolden eagle。若鳥には翼に大きな白斑が出、尾羽の根元も白色です。「ピィーウ」あるいは「ポィョー」と聞こえる声をだします。餌はノウサギなど哺乳類、ヤマドリなど大型鳥類、アオダイショウなどが主。翼をゆるいV字型に保って、グライディングで飛ぶことが多いです。そして空中あるいは樹上や岩上などで餌動物を見つけると急降下して捕らえます。そのため枝の混んだ森林の中まで追いかけて行くことはできないので、広い草原や急な崖地で草や木が育ちにくい場所、雪の積もらない場所などで獲物を探します。巣は崖の岩棚につくるものが多いのですが、大木につくるものもいます。本州、四国、九州の山岳地に生息します。絶滅の危惧されている代表的な種で、個体数は全国で400羽に満たないと考えられています。

全長 63cm
渡り区分 留鳥

「渡り区分」の種類

環境 森林
鳴き声

「鳴き声」の種類

上田秀雄

※音を消したい場合は、もう一度クリック
してください。

※当サイトの内容、テキスト、画像、音源等の無断転載・無断使用を禁止します。

鳥を探してみよう!

特徴で探そう!
鳴き声で探そう!

フリーワードで探そう!

※「日本の鳥百科」のページを
 検索します。
※ワードの間にスペースを入れて
 AND検索ができます。

気になる鳥を見てみよう!

最近チェックした鳥

このページの先頭へ