自分に合った飲み方を知ろう

お酒に強い人・弱い人

世の中にはお酒に強い人、弱い人、全く飲めない人がいます。
実はこれ、そもそも遺伝による体質によって決まっているんです。

遺伝による体質の違い

アルコールが体内に入ると、肝臓でまず「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。この物質は極めて毒性が強く、顔面や体の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。

そして、このアセトアルデヒドを分解してくれるのが「ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)」です。
ところが、日本人は約40%の人がこのALDH2の活性が弱い「低活性型」のため、お酒に弱い体質といわれています。さらに約4%の人は「不活性型」と呼ばれ、ALDH2の働きが全くなく、お酒を飲めない体質なのです。
この両タイプの人たちは、ごく少量のお酒でも、気分が悪くなってしまうため、無理な飲酒はやめましょう。また、一緒に飲んでいる人もこのタイプの人たちにお酒を無理強いすることは絶対に慎んでください。

このALDH2の活性のタイプは、親から遺伝によって受け継ぐので、生まれた時から決まっており、後天的に変わることはありません。自分の体質を知り、自分のペースでお酒を飲むことがなによりも大切です。
飲めない私に飲めなんて、飲めない要求です。

モンゴロイドはお酒に弱い

ALDH2の低活性型+不活性型の割合
原田勝二:Journal of the Anthropological Society of Nippon, Vol. 99, No.2, 123-139,1991.より改変
ALDH2「不活性型」の人は、実はモンゴロイド系の人々に特有のもので、ヨーロッパ系(白人)やアフリカ系(黒人)の人々にはこの「不活性型」はみられません。日本人は欧米人に比べてお酒に弱いと言われるのはこのことが関係しています。
原田勝二:Journal of the Anthropological Society of Nippon, Vol. 99, No.2, 123-139,1991.より改変

体重・性別・年齢による違い

お酒に対する強さは、遺伝のほかに、体重差や男女差、年齢差などによっても異なります。
お酒に対する強さは、遺伝のほかに、体重差や男女差、年齢差などによっても異なります。

体重による違い

体重の重い人と軽い人が同じ量のお酒を飲むとどうなると思いますか?アルコールは血液に溶け込んで全身に広がります。また、組織の水分にもよく溶け込みます。体重の重い人ほど血液量や水分量が多いと考えられますので、血中のアルコール濃度は薄くなり、その分酔いにくくなります。

男女による違い

一般的に、女性は男性よりもアルコールの影響を受けやすいと考えられます。例えば、女性は男性より少量の飲酒でも、アルコール依存症や肝臓障害を起こす例が多く見られます。さらにその後の治療の経過も、男性より女性の方が悪くなりがちです。

女性とお酒

年齢による違い

年をとって体力が衰えてくれば、お酒にも弱くなります。若いころと同じように飲んでいたら、失敗や危険を引き起こすので注意が必要です。そして、高齢者に多くみられるのが「退屈だから」「寂しいから」と昼間から一杯、ひとりで一杯、という習慣。これがアルコール依存への入口になることも。お酒は家族や友達、誰かと語らいながら適量を楽しく飲むようにしましょう。

高齢者とお酒

お酒に対する体質をチェックしてみよう

①エタノールパッチテスト

お酒に強いか弱いかが簡単にわかるパッチテストです。
パッチテストSTEP

STEP1

パッチテープ(薬剤のついていないガーゼ付きのバンソウコウ)に、市販の消毒用アルコール(70%)を2~3滴しみ込ませます。

STEP2

1のテープを上腕の内側に貼ります。

STEP3

7分後にテープをはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼがあたっていた部分の肌の色を確認します。

STEP4

さらに10分後にもう一度肌の色を確認します。
判定は…
パッチテスト判定

Check1

肌が、はがした直後に赤くなっている。
→ALDH2不活性型(お酒が飲めない体質)

Check2

はがした直後は赤くなっていなかったが、10分後に肌が赤くなっている。
→ALDH2低活性型(お酒に弱い体質)

Check3

肌の色に変化がない。
→ALDH2活性型(お酒に強い体質)
※この体質の人は適量を心がけ、飲みすぎには十分注意してください。
注意点:毎日お酒を飲む人は、正しい結果が出ない場合があります
考案者 独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター 院長 樋口進

②アルコール分解酵素の遺伝子型検査

アルコールの分解に重要な役割を担っているADH1B遺伝子(アルコール脱水素酵素1B)とALDH2遺伝子(アルデヒド脱水素酵素2)の2つの遺伝子型を検査することができます。パッチテストに比べると正確です。この遺伝子を検査することで、お酒に強いのか、弱いのかといった生まれ持った自分の体質を知ることができます。

自分の体質を知り、自らの体質に合った適度な飲酒を心がけましょう。
監修:独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター 副院長 松下 幸生
イラストレーション(モデレーション広告):フィリップ・プチ=ルーレ Illustrations by Philippe Petit-Roulet