サントリー
お酒ほどほどプロジェクト

モデレーション広告企画展
HODO-HODO
GALLERY&BAR

モデレーション広告企画展 HODO-HODO GALLERY&BAR

サントリーお酒ほどほどプロジェクトについて

サントリーは酒類を製造・販売する企業の責任として、これまで「DRINK SMART(ドリンク・スマート)」を掲げ、「お酒は、なによりも適量です。」というメッセージを盛り込んだモデレーション広告を展開するなど、“ほどほど”にお酒を楽しむ適正飲酒の大切さを訴え続けてきました。
そして、適正飲酒啓発活動をより積極的に展開すべく2023年11月9日に「サントリー お酒ほどほどプロジェクト」を発足しました。

HODO-HODO GALLERY&BARについて

本プロジェクトの第1弾として、1986年から37年間続けてきたモデレーション広告をご覧いただきながら、“ほどほど”にお酒を楽しむ大切さを知ることができるイベント「HODO-HODO GALLERY & BAR」を2023年11月9日から11月14日まで東京ミッドタウン日比谷内で実施しました。

HODO-HODO GALLERY

同イベントでは、当社のモデレーション広告約170点を、年代順に振り返ることのできる「HODO-HODO GALLERY」を展開。ユニークなイラストとキャッチコピーの広告を通して、様々な年代の方に、楽しく適正飲酒の大切さを学んでいただくことを目指しました。また、“ほどほど”なお酒を楽しむために役立つ「ほどほどヒント」も掲載。「お酒のあぶない飲み方」や厚生労働省による「節度ある適度な飲酒量」など、普段の「お酒の飲み方」と照らし合わせながら、適正飲酒について考えていただける展示といたしました。
HODO-HODO GALLERY
HODO-HODO GALLERY
HODO-HODO GALLERY

HODO-HODO BAR

HODO-HODO GALLERYのすぐ横には、“ほどほど”な量(純アルコール量10g以下の酒類※やノンアルコール飲料)でお酒を提供する「HODO-HODO BAR」を開店。BAR店内は、壁に描かれた“ほどほどな仲間たち”と一緒に「ほどほど応援歌」を聞きながら、お酒を楽しめる空間にいたしました。また、お酒と一緒にお水(チェイサー)を飲んでいただくため、ドリンクとセットでサントリー天然水をご提供。ドリンクとお水を並べて置くことができる特製コースターを卓上に用意するなど、ただお酒が飲めるだけでなく、お客さまが自然と適正飲酒を学び実践していただけるバーにいたしました。
HODO-HODO BAR
HODO-HODO BAR
HODO-HODO BAR

※厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒量」は、1日平均純アルコールで約20g程度、女性はその1/2~2/3程度とされています。

これからもサントリーは、“サントリーお酒ほどほどプロジェクト”を通して適正飲酒啓発活動を積極的に展開し、社会のお酒にまつわる問題に真摯に取り組んでまいります。

開催日時:2023年11月9日~11月14日
開催場所:東京ミッドタウン日比谷( 東京都千代田区有楽町1-1-2)1階アトリウム
GALLERYエリアについて:展示の観覧は無料

BARエリアについて:
・ご利用は20歳以上の方限定。
・ドリンクは有償(1杯100円)、おひとり様1杯までの提供。
・車・バイク(同乗者を含む)・自転車などを運転する予定のある方、妊娠中および授乳期の方へは提供不可。

Webグランプリ 企業BtoCサイト賞 優秀賞を受賞しました (公社)日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会主催 第6回 Webグランプリ 企業BtoCサイト賞 優秀賞を受賞しました (公社)日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会主催 第6回
監修:独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター 副院長 松下 幸生
イラストレーション(モデレーション広告):フィリップ・プチ=ルーレ Illustrations by Philippe Petit-Roulet