No.SBF0114  (2014.3.12)

サントリー食品インターナショナル株式会社

商品

サントリーブランドのコーヒー飲料
「De'Koffie」インドネシアで販売開始
― インドネシアにおけるサントリーブランド初のRTDコーヒー飲料 ―

サントリーブランドのコーヒー飲料「De'Koffie(デ コフィ)」インドネシアで販売開始

高解像度画像


 サントリー食品インターナショナル(株)は、サントリーブランドのコーヒー飲料「De'Koffie(デ コフィ)」(130mlプラスチック容器)を、グループ会社のPT SUNTORY GARUDA BEVERAGE(社長:フランシスカス ジョニー 本社:インドネシア・ジャカルタ、以下サントリー・ガルーダ・ビバレッジ社)を通じて、インドネシア全域で3月上旬から販売開始します。

 インドネシアの清涼飲料市場は、今後も大きな成長が期待される市場です。その中でRTDコーヒー飲料の全体に占める割合はまだ小さいものの、総市場同様今後のさらなる成長が期待されています。

 このような市場に対し当社は、インドネシアにおけるサントリーブランド初のコーヒー飲料「De'Koffie」を新発売します。当社が「BOSS」で20年以上にわたって培ってきた商品開発のノウハウをはじめ、中味・包材・設備に至るまで当社グループのR&D技術と現地の知見を結集し、インドネシアのお客様の嗜好に合わせた商品に仕上げました。

●中味の特長

  インドネシアでは、微粉砕したコーヒーをカップに入れ、そのまま水やお湯で抽出する飲み方が一般的で、コーヒーの微粉末が味わいのコクのキーポイントになっています。今回、コクのキーとなるコーヒーの微粉末を活かし、甘くて濃い、満足感のある味わいに仕上げました。「オリジナル」「ラテ」「モカ」の3種類を発売します。

●パッケージの特長

  仕事の合間などの短い時間に甘く濃い満足感のある味わいをお楽しみいただくべく、130mlプラスチック容器を採用しました。

●ネーミングについて

  本格的で魅力的なコーヒーであることをお伝えするために、オランダ語で「the coffee」を意味する「De'Koffie」と名づけました。

 当社は、インドネシアの食品・飲料企業「ガルーダフードグループ」と2011年に合弁会社のサントリー・ガルーダ・ビバレッジ社を設立し、インドネシア国内における清涼飲料の製造・販売を行っています。サントリーブランドの展開にも積極的に取り組んでおり、2012年から緑茶飲料「みらい」、2013年から「MYTEA[ウーロン茶]」を発売し、ご好評をいただいています。
 今後も、インドネシアにおけるサントリーブランドの積極的な展開を図るとともに、日本・欧州・オセアニア・アジアなどのグループ会社間のシナジーを最大限に図ることで、グローバル戦略をいっそう加速させていきます。

サントリー・ガルーダ・ビバレッジ社 概要

  ▼会社名 PT SUNTORY GARUDA BEVERAGE
▼本社所在地 インドネシア・ジャカルタ
▼社長 フランシスカス ジョニー
▼設立年 2011年
▼従業員数 約2,300名(2013年12月現在)
▼事業内容 インドネシア国内における清涼飲料の製造・販売
▼主要商品 「オッキー」「マウンティー」「みらい」「MYTEA[ウーロン茶]」

以上

このページを印刷

戻る

ENGLISH