事業紹介

5つのリージョンにおいて、長年培ってきたブランド、技術やノウハウ、徹底したお客様起点の発想により新たな価値づくりにチャレンジしています。

日本

日本の清涼飲料市場は、商品カテゴリーの多様化・容器開発の進展・手売り流通の進化や自販機などの買場の充実と、お客様のニーズやライフスタイルの変化にともない、長期的に成長してきました。

特徴としては、無糖茶や水など、無糖のRTD商品が市場で大きなシェアを占めていることや、自動販売機が普及しており飲料をいつでもどこでも買える環境が整っていることが挙げられます。

直近では、お客様の健康志向の高まりや、ひとり当たりの水分摂取量の増加により飲料の消費量が増加傾向にあるなどの変化が加速しています。

そのようなトレンドを踏まえて、SBFの日本事業では「水」「コーヒー」「無糖茶」を今後の成長カテゴリーと位置づけ、今後の取り組みを強化していきます。

「サントリー天然水」、「BOSS」、「伊右衛門」、「やさしい麦茶」、「烏龍茶」といった私たちのコアブランドに注力し、ブランド価値の向上とさらなる成長を目指します。
また、既存のカテゴリーにとらわれない新たな価値提案にも積極的に取り組みます。

グループ会社

欧州

欧州では、フランスの「Orangina」や英国の「Lucozade」、「Ribena」をはじめ、長年にわたって現地で愛されているブランドを中心に事業を行っています。

直近のトレンドとして、お客様の健康志向の高まりに加え、各国での砂糖税の導入が広まっていることを背景に、より「ナチュラル&ヘルシー」な飲料を求めるニーズが高まっているのが特徴です。

こうした状況を踏まえて、「Orangina」「Lucozade」「Ribena」「Schweppes」などの既存コアブランドの低糖・低カロリー化に取り組むとともに、低糖のプレミアムアイスティー「MayTea」を新たに開発し、フランス・ベルギー・スペインで発売しご好評をいただいています。

また、アフリカでもビジネスを展開しており、事業基盤の強化を進めています。

グループ会社

アジア

アジアでは、清涼飲料事業と健康食品事業を行っています。

清涼飲料事業を展開するベトナム・タイ・インドネシアでは、現地で合弁会社を設立し、それぞれの飲料市場でお客様のニーズや現状に合わせて事業を展開しており、流通基盤の強化にも努めています。

健康食品事業では、タイを中心に、「Essence of Chicken」をはじめとする「BRAND’S」ブランドを製造・販売しています。
長年に渡り、滋養ドリンクや家庭での常備食として、お客様から高い信頼をいただいている商品です。

直近では、既存ブランドの強化に加え、サントリーのR&D技術を活かした「TEA+」「MYTEA」「Good Mood」など、新しいカテゴリー開拓にも取り組みはじめています。

グループ会社

オセアニア

オセアニアでは、清涼飲料事業とフレッシュコーヒー事業を行っています。

清涼飲料事業では、Furcor Suntoryがエナジードリンク「V」や果汁飲料の「Just Juice」などのブランドを中心に、ユニークな商品を展開しています。

直近では、健康志向の高まりにともない、「V Pure」のような低糖商品や、コンブチャの新商品「Amplify」、ハイドレーション飲料の「OVI」などラインナップの強化を推進しています。

フレッシュコーヒー事業は、2018年から組織や経営基盤を整備・強化し、新たにSuntory Coffeeとして事業を行っています。
自社で豆を選定・購買・焙煎し、カフェやファストフード店、小売店などへの販売までを行っており、「Toby's Estate」「Mocopan」などのブランドを展開しています。

グループ会社

米州

米州では、ペプシコ社との合弁会社であるPepsi Bottling Venturesを通じて、ノースカロライナ州で清涼飲料事業を行っています。

強力なペプシコブランドの商品に加え、非炭酸市場の伸長を受けて水やコーヒー飲料にも注力しています。

さらに北米市場における、都市化・人口動態や消費行動の変化・健康志向をはじめとする消費者ニーズの多様化などを受けて、新しいビジネスの探索にも取り組んでいます。

グループ会社

PAGE
TOP