サントリー美術館

細く折り畳める「扇」が、日本の発明品であることをご存知でしょうか。扇は、宗教祭祀や日常生活、芸能や遊戯の場など、日本人の暮らしと深く広く関わり、装飾的に発展してきました。常に携帯できる扇は、いつでもどこでも楽しめる、最も身近な「生活の中の美」だったともいえるでしょう。さらに扇は、屛風や巻物、そして工芸や染織などとも結びついて多彩な作品を生み出しました。本展では、日本人が愛した悠久の扇の世界をご紹介します。

image

扇の国、日本

2018年11月28日(水)~2019年1月20日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。
※本展は山口県立美術館(2019年3月20日~5月6日)へ巡回します。

「扇」は、日本で生まれ発展したものです。その起源は詳らかではありませんが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して、折り畳む意味の「摺」の字をあてた「摺扇」「摺畳扇」や、「倭扇」などと登場します。すなわち、扇が日本のオリジナルであったことを物語っています。
宗教祭祀や日常生活での用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて取りかえ携帯できる扇は、貴賤を問わずいつでもどこでも楽しめる、最も身近な美術品でした。和歌や絵が施された扇は、贈答品として大量に流通し、また、人と人をつなぐコミュニケーション・ツールの役割も担いました。
さらに扇は、屛風や巻物、そして工芸や染織などとも結びついて、多彩な作品を生み出していきます。あらゆるジャンル、あらゆる流派と交わる扇には、日本人が求めた美のエッセンスが凝縮されているのです。
本展では、日本人が愛した「扇」をめぐる美の世界を、幅広い時代と視点からご紹介します。手中の扇がひらひら翻るたび表情を変えるように、「扇」の多面的な世界をお楽しみください。

会期

2018年11月28日(水)~2019年1月20日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。
※本展は山口県立美術館(2019年3月20日~5月6日)へ巡回します。

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※12月23日(日・祝)、1月13日(日)は20時まで開館
※12月29日(土)は18時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日

火曜日

※1月15日は18時まで開館
※12月30日(日)~1月1日(火・祝)は年末年始のため休館

入館料
一般 当日 ¥1,300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 769-217(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 32364(前売・当日券共通)
セブンチケット:セブンコード066-549(前売・当日券共通)
イープラスにて取扱い
※プレイガイドでの販売は一般券のみ
※前売期間は2018年9月19日(水)から11月27日(火)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は11月11日(日)まで

割引

◇100円割引
・ウェブサイト限定割引券提示
・スマートフォンサイトの割引券画面提示
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
・20名様以上の団体

※他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥550 (英語版もございます)

主催

サントリー美術館、朝日新聞社

協賛

三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。