サントリー美術館

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、東アジアを舞台に繁栄した海上王国でした。琉球王国では豊かな風土を背景に、華やかな染織やきらびやかな漆芸、中国・日本といった周辺各国から刺激を受けた絵画など、独自の美が生み出されます。本展では、東アジアの文化を結び、新たな美としてひらいた琉球王国の輝きをご覧いただく機会として、琉球王家尚家伝来品をはじめとする琉球美術の貴重な品々を特集します。

image

琉球 美の宝庫

2018年7月18日(水)~9月2日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、独自の美が生み出された海上王国でした。15世紀に統一王朝が成立し、400年以上にわたって東アジアを舞台に“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉球王国は、諸国の至宝で満ちていたといわれています。
本展覧会では、鮮やかな紅型に代表される染織や、中国・日本から刺激を受けて描かれた琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの技法を使ったきらびやかな漆芸作品を中心に琉球王国の美をご紹介します。なかでも、近年の東京でまとまって公開されることがなかった琉球絵画は見所のひとつです。首里王府の染織や漆器のデザインには絵師が関わっていたとされており、染織・絵画・漆芸を特集することで琉球の美術を総合的にとらえ、その実像に迫ります。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ現在に守り伝えられた優品が集う貴重な機会であり、とくに首里王府を治めた尚家に継承された「国宝 琉球国王尚家関係資料」は必見です。
「生活の中の美」をテーマとしてきたサントリー美術館では、紅型や琉球漆器といった琉球の美術がコレクションのひとつの核をなしてきました。沖縄に関する展覧会も1968年の「秋の特別展 沖縄の染織」をはじめに、琉球政府立博物館(現 沖縄県立博物館・美術館)と共催した1972年の「特別展観 50年前の沖縄―写真でみる失われた文化財―」など複数行っており、2007年に「美を結ぶ。美をひらく。」というミュージアムメッセージを掲げて六本木に移転開館した後も、2012年に「沖縄復帰40周年記念 紅型 BINGATA―琉球王朝のいろとかたち―」を開催しました。2018年は、1968年の「秋の特別展 沖縄の染織」開催から50年目となります。東アジアの美を結び、新たに独自の美としてひらいた琉球の美術は、文化の多様性や新鮮な魅力に満ちており、本展が時代を超えて受け継がれてきた琉球王国の輝きをご覧いただく機会となれば幸いです。

会期

2018年7月18日(水)~9月2日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日

火曜日

※8月14日は18時まで開館
※shop×cafeは会期中無休

入館料
一般 当日 ¥1,300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 768-968(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 34522(前売・当日券共通)
セブンチケット:セブンコード062-013(前売・当日券共通)
イープラスにて取扱い
※プレイガイドでの販売は一般券のみ
※前売期間は2018年4月25日(水)から7月17日(火)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は7月1日(日)まで

割引

◇100円割引
・ウェブサイト限定割引券提示
・携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
・20名様以上の団体

※他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥550 (英語版もございます)

主催

サントリー美術館、読売新聞社

協賛

三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス

協力

日本航空

後援

沖縄県、沖縄県教育委員会、那覇市歴史博物館

助成

芸術文化振興基金logo_80.gif

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。