サントリー美術館

美術館では静かに作品をみて、心の中で味わって…そんな鑑賞方法も素敵ですが、この展覧会ではちょっと違います。みて、きいて、はなして、つくって…からだ全体で楽しむ体験型のしかけを通して、意外な切り口からサントリー美術館の名品の魅力に迫っていきます。例えば、屛風に描かれた鳳凰がすむ世界をさぐったり、声を使って抽象的なかたちを文様として出現させたり。合言葉は、「ひらけ!美のとびら」。こどもから大人まで、一緒に日本美術のワンダーランドに出発しましょう!

image

六本木開館10周年記念展
おもしろびじゅつワンダーランド2017

2017年8月1日(火)~8月31日(木) ※8月6日(日)のみ休館

本展は、サントリー美術館の名品をみて・きいて・はなして・つくって・・・、からだ全体を使って作品の魅力と出会う体験・体感型展覧会です。
サントリー美術館では、2007年の六本木開館を機に、ミュージアムメッセージ「美を結ぶ。美をひらく。」のもと、教育普及活動を積極的に行っています。これまで、講演会やワークショップなどの「エデュケーション・プログラム」を中心に、こどもから大人まで多くの方々が日本美術に親しめる場を目指してきました。2012年には教育普及活動を展覧会に発展させ、デジタル技術とアナログ手法を駆使したさまざまな展示方法で日本美術を体験・体感・発見できる展覧会「来て、見て、感じて、驚いちゃって!おもしろびじゅつワンダーランド」を開催し、ご好評をいただきました。
その第2弾となる本展は、これまで積み重ねてきた教育普及活動をベースに、むずかしいと思われがちな日本美術をより親しみやすく、多様な切り口でご紹介するものです。映像や音などを含めた空間全体で作品の世界を感じたり、デジタル技術を使ったインタラクティブな創作を体験したり、さまざまなしかけを通してサントリー美術館の名品との出会いをお楽しみいただきます。解説を読みながら静かに作品と対峙するスタイルとは違ったこれまでにない鑑賞は、驚きの連続です。どきどき、わくわく、ふむふむ、作品を中心に展開する心躍る瞬間を積み重ねたら、いつのまにか日本美術についてもっと知りたくなっていることでしょう。合言葉は「ひらけ!美のとびら」。こどもから大人まで、日本美術のワンダーランドへ出発しましょう。
おもしろびじゅつワンダーランド2017 展覧会スペシャルサイトをチェック!


▼主  催:サントリー美術館、読売新聞社
▼共  催:港区(平成29年度港区文化プログラム連携事業)
▼協  賛:大日本印刷、シャープ、三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス
▼後  援:港区教育委員会
▼企画協力:DNP ミュージアムラボ
logo_80.gif

会期

2017年8月1日(火)~8月31日(木) ※8月6日(日)のみ休館

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※8月10日(木)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日

8月6日(日)

入館料
一般 当日 ¥1,000 前売 ¥800
大学・高校生 当日 ¥800 前売 ¥600

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 768-275(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 34519(前売・当日券共通)
セブンチケット:053-188(前売・当日券共通)
イープラスにて取扱い
※プレイガイドでの販売は一般券のみ
※前売期間は2017年5月31日(水)から7月31日(月)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は5月31日(水)から7月17日(月・祝)までの開館日

割引

◇100円割引
・ホームページ限定割引券提示
・携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
・20名様以上の団体

※他の割引との併用はできません

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。