サントリー美術館

2008~09年、フランス・パリのピカソ美術館の所蔵品が世界巡回を果たします。東京では国立新美術館とサントリー美術館の2会場で同時開催となります。当館では、ピカソの自我の表れを示す約60点を展示いたします。巨匠ピカソの内面を掘り下げるチャンスです。

image

巨匠ピカソ 魂のポートレート

2008年10月4日(土)~12月14日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

パリ、マレ地区に位置し、生前のピカソが最後まで手元に残した作品を主なコレクションとするフランス国立ピカソ美術館。この美術館の改装によって空前の規模の世界巡回展が実現しました。日本では、国立新美術館、サントリー美術館の2会場を舞台に、数々の名作が展示されます。
巨匠パブロ・ピカソ(1881~1973)は、生涯を通じて内なる心に向き合い、常に自らの人生を作品創造に反映させた画家でした。彼が残した数多くの自画像、あるいは間接的に自己を投影した作品の数々は、ピカソ芸術の本質を表していると言えます。サントリー美術館では、ピカソの魂の叫びとも言うべき自画像とその周辺の作品を、油彩画を中心とした約60点によりご紹介していきます。

会期

2008年10月4日(土)~12月14日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~20:00

※最終入館は閉館30分前まで

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

中学生以下無料
※団体割引は20名様より(一般1,200円、大学生900円、高校生600円)
※団体でお越しの場合でも、一般のお客様と同様に並んでのご入場となります。

[販売場所]
サントリー美術館、電子チケットぴあ(ファミリーマート、サークルK・サンクスを含む)、全国のローソン(Lコード36501)、イープラス、CNプレイガイド、JTB・JTBトラべランド・JTB総合提携店、セブンイレブンほか

割引

ピカソ割引(当日券は観覧券提示で割引適用)
会期中は一方の館の「巨匠ピカソ」展の観覧券(半券可)をもう一方の館の券売所で提示すると、割引価格(200円引き)が適用されます。
※「ピカソ割引」の適用は、観覧券1枚につき1人1回限りです。

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。