サントリー美術館

現代の「きもの」の原型といわれる小袖は、江戸時代の人々の服装として普及し、ファッションとしてもさまざまな流行が見られました。特に女性の小袖には季節や着用の機会に合わせて多彩なデザインが施されました。自由な発想による斬新な表現の数々を初公開のコレクションでお楽しみいただきます。

image

初公開 松坂屋京都染織参考館の名品
小袖 江戸のオートクチュール

2008年7月26日(土)~9月21日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

江戸時代の服飾形式の中心であった小袖は、形がシンプルなため、模様や色などの意匠を見せることが重視された衣服です。上層階級の女性たちは、小袖の意匠に想いをめぐらし、常に新しい表現を求めました。呉服商は、注文主である女性たちへ意匠を提案し、作り手との仲介者となり、小袖が仕立てられました。小袖はまさに江戸時代の高級注文服(オートクチュール)として生み出されたのです。
季節や着用の場面に合わせて選ばれた小袖の意匠には、花や草木、風景の表現が多く見られ、自然の情緒を大切にする日本人の季節感が豊かに表出されています。また、身辺を飾る多彩な調度や器物を斬新な意匠へと昇華させるとともに、和歌や物語などの古典文芸を思い起こされる意匠を表すなど、小袖における独創的な表現からは背景となる日本の文化がうかがえます。
本展では、松坂屋京都染織参考館が呉服意匠創出のために収集した染織資料から、江戸時代初期より後期までを網羅する内容の小袖と、意匠の変遷を辿る上で重要な資料となる雛形本をはじめ、多彩なコレクションの一端を示す能装束や調度品など約300件をご覧いただきます。

会期

2008年7月26日(土)~9月21日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

〔日・月・祝日〕10:00~18:00 〔水~土〕10:00~20:00

※いずれも最終入館は閉館30分前まで

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※団体割引は20名様より(一般1,200円、大・高校生900円)
※和服でご来館の方は当日料金より300円割引
チケットぴあ:Pコード688-200(前売券)、688-201(当日券)
ローソンチケット:Lコード35779(前売・当日券共通)

割引

◆21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内) サントリー美術館 相互割引
一方の館の観覧券(半券可)をもう一方の館の券売所で提示すると、当日券を100円割引でお求めいただけます。
※回数の制限はありません
※本人のみ利用可
※他の割引との併用不可

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。