開館1周年記念展
ガレとジャポニスム

2008年3月20日(木・祝)~5月11日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

出展作品リスト(PDF)

第1章:コラージュされた日本美術・・・ジャポニスム全盛の時代

ガレ以外の作家の作品も含め、工芸作品を中心に、ジャポニスム全盛の時代を紹介します。初期のガレの作品には、特に日本の版画や工芸品から明らかにモチーフが転用されました。日本美術のモチーフが、いかにグラフィカルに捉えられ、ヨーロッパの工芸に取り込まれていったのかを紹介します。

image

植込鉢《鳩》
エミール・ガレ
1881年モデル
サントリー美術館蔵(菊地コレクション)

image

花器《バッタ》
エミール・ガレ
1878年頃
サントリー美術館蔵

第2章:身を潜めた日本美術・・・西洋的表現との融合、触れて愛でる感覚

1880年代以降、ガレのジャポニスムは、表面的な転用から変容を開始します。この頃のガレは、日本美術を取り入れながら、長年培われた西洋的な表現との融合を試みます。また自らも日本の茶碗を所有していたガレは、触れて感じるという日本工芸の要素や、小さきものへの目線、詩画一致などに興味を示しながら、これらの要素と自国に根付いた表現とを調和させていくのです。

image

蓋付杯《アモールは黒い蝶を追う》
エミール・ガレ
1889年
サントリー美術館蔵(菊地コレクション)

image

銹絵染付松樹文茶碗
尾形乾山
江戸時代(18世紀前半)
サントリー美術館蔵

第3章:浸透した日本のこころ・・・自然への視線、もののあはれ

1900年頃、ガレのジャポニスムはより深化し、彼独自の芸術性を確立する上で、大きな影響を与えていきました。自然そのものが形になるという日本美術的な思考や、構図の妙、「もののあはれ」といった日本的な感覚が、ガレの世界観の中でどのように昇華されていったかを見ていきます。

image

花器《茄子》
エミール・ガレ
1900年頃
サントリー美術館蔵(菊地コレクション)

image

壺《過ぎ去りし苦しみの葉》
エミール・ガレ
1900年
サントリー美術館蔵(菊地コレクション)

第4章:ガレと蜻蛉

ガレは30年余にわたる創作活動の中で、たびたび蜻蛉をモチーフに取り上げました。国の形が蜻蛉の交わる形に似ていることから、蜻蛉の古称にちなんで「秋津洲(アキツシマ)」と言われた日本。ジャポニスムブームの中、特にフランスの日本美術愛好家たちの間には、蜻蛉を日本の象徴とする認識も広まりつつあったと言います。ガレは、蜻蛉文を付したある作品に、「うちふるえる蜻蛉を愛する者これを作る エミール・ガレ」との銘文を彫っています。また、最晩年の脚付杯《蜻蛉》は、まるで彼の形見のように、ごく近しい友人かあるいは親族に授けられたとも言われています。最後の章では、「蜻蛉」を通じて、ガレの創作をふり返ります。

image

脚付杯《蜻蛉》
エミール・ガレ
1903-04
サントリー美術館蔵

image

鶴首扁瓶《蜻蛉》
エミール・ガレ
1889年頃
サントリー美術館蔵

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。