お気に入りを見つけよう!日本の鳥百科

ナベヅル

越冬地の日本でもテリトリーを持ち、いつも家族で行動

全長96cm、翼開長185cm。体は大きいですが、ツルの仲間としては中形です。体は灰黒色で、首の半分から上は白色をしています。頭上に赤斑をもち、額は黒色です。メスオス同色で、オスの方が体は大きい。「クォーォッ」 と大きな声で鳴き、幼鳥は「ピー」と聞こえる声で鳴いています。幼鳥は全体に褐色味が強く、首が褐色をしています。成鳥になりツガイをつくると、どちらかが死ぬまでずっとそのツガイを維持します。家族単位で生活し、繁殖年齢になるまでの若鳥は群をつくっています。アジア北部で繁殖し、冬には南へ渡ります。日本では鹿児島県出水平野に多数が渡って来て越冬します。朝鮮半島から出水への渡りルート、例えば対馬、長崎県諫早干拓地などではよく見られています。世界中の個体数の9割が日本へ渡来していると考えられています。
古くは東北地方(岩手県中部)を渡っているものが知られており、殿さま(江戸時代は伊達家)への献上品としてナベヅルを捕えたそうです。現在は九州以外(ごく少数が山口県や四国に渡来)では全くの迷行記録しかありません。

全長 96cm
渡り区分 冬鳥

「渡り区分」の種類

環境 農耕地
鳴き声

「鳴き声」の種類

上田秀雄

※音を消したい場合は、もう一度クリック
してください。

※当サイトの内容、テキスト、画像、音源等の無断転載・無断使用を禁止します。

鳥を探してみよう!

特徴で探そう!
鳴き声で探そう!

フリーワードで探そう!

※「日本の鳥百科」のページを
 検索します。
※ワードの間にスペースを入れて
 AND検索ができます。

気になる鳥を見てみよう!

最近チェックした鳥

このページの先頭へ