CSRへの取り組み

CSR経営の推進

グループ企業理念「人と自然と響きあう」を実現するために、“花のあるくらし”を提案する企業としての行動指針を、グループ企業倫理綱領に基づき制定。社内への徹底を図ることで、コンプライアンス経営活動を全社員で推進しています。

知的財産権を保護・活用

植物の育成者権や商標権などを活用した、サントリーフラワーズならではの高付加価値商品を継続して提供することができるよう、これら自社の知的財産権の保護に努めるとともに、その侵害に対しては適切な処置を行っています。また、第三者が保有する知的財産権に配慮し、権利侵害を行わないよう社内教育を徹底しています。

下請法を遵守

サントリーフラワーズにとって、花苗の生産委託をしている生産農家は事業を推進していくための大切なパートナーです。WIN-WINの関係を継続していくために、サントリーフラワーズでは、契約・発注・納品・検収・支払の各段階で下請法を遵守しながら、公正な取引を行っています。

環境への取り組み

サントリーフラワーズは、環境負荷を低減する取り組みを継続して行っています。

  • 商品の輸送距離をできるだけ短くするよう、生産地と販売店を同じエリア内とする需給率を高め、物流におけるCO2を削減する活動を行っています。
  • グリーンカーテン向けの商品や、夏場に周辺温度を下げる蒸散効果の高い商品の開発や、そのような植物の育て方・楽しみ方の紹介による啓蒙活動を行っています。
  • そのほか、契約農家に農薬使用での環境配慮を依頼したり、パンフレットではFSC認証用紙やVEGETABLE OIL INKを使用、事務所での電気使用量の削減といった取り組みも行っています。
  • 社員に対する環境教育としてeラーニングを実施し、全員が受講しています。

お客様との関わり

お客様に“花のあるくらし”を提案

多様化するライフスタイルに合った植物の楽しみ方を提案することで、お客様とコミュニケーションの輪を広げていきたいと考えています。お客様に“花のあるくらし”をご提案し、ご満足いただくために、サントリーフラワーズでは、ホームページ上に販売店検索のできるコーナーや育て方に関するQ&Aを掲載するほか、お客様センターを設置し、電話やEメールを通じてさまざまなご相談にお応えしています。

地域・社会に対する取り組み

地域の公園の緑化を支援

公園の植栽による緑化

公園の植栽による緑化

地域に“花のあるくらし”を多くの人々にご提供するために、各種公共公園に花苗を提供し、植栽による緑化活動に協力しています。

日本乳がんピンクリボン運動へ寄付しています

プリンセチア

プリンセチア

サントリーフラワーズ株式会社の「プリンセチア」は、「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2009」や海外の展示会でもゴールドメダルを受賞するなど、国内だけでなく、海外においても高い評価をいただいています。また、プリンセチアの売上の一部は、J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)に寄付し、活動を支援しています。
2010年は33万円寄付しました。

社員に対する取り組み

新人事制度で公正な評価と処遇を強化

社員一人ひとりが、自らの長い人生設計の中でさまざまな能力を開発し、それを社業に発揮して貢献する制度。全員がお互いに切磋琢磨し、また助けあいながら、業務に取り組んでいける制度。公平な評価と成果に応じたメリハリある処遇を行うことにより、社員の努力に報いることができる制度をめざして、2007年4月より新人事制度を制定しました。この新人事制度は、さらに社員の能力開発をしやすく、またその能力向上に応えられる評価を行えるように、2010年1月に改定しています。

社員の自己啓発を支援

自己啓発促進のために階層別の社内研修制度を設けています。また、サントリーグループ共通の自己啓発支援プログラム「SUNTORY Self Development Program」を導入、社員が必要とするさまざまなプログラムを受講できるようにしています。
2010年は、営業担当者全員を対象に、外部講師を招いた営業力強化研修を実施しました。

ワークライフバランスを推進

社員の仕事と生活の両立を支援するため、育児休業制度、短時間・時差出勤制度を導入し、その利用の定着化を進めています。

サントリーフラワーズの商品をオンラインショップで買う

ページの先頭へ

ページの先頭へ