サントリー美術館

多様な分野で活躍した画鬼・河鍋暁斎。その画業については、長らく風刺画や妖怪画などに焦点が当てられてきました。しかし近年の研究により、駿河台狩野家の伝統を受け継ぐ筆法と、独特な感性をもとに活躍の場を広げていった姿が明らかになりつつあります。本展では、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望するとともに、先人たちの作品と真摯に向き合った暁斎の作画活動の一端を浮き彫りにします。

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

2019年2月6日(水)~3月31日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。

会期

2019年2月6日(水)~3月31日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※2月10日(日)、3月20日(水)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日

火曜日

※3月26日は18時まで開館
※shop×cafeは会期中無休

入館料
一般 当日 ¥1,300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800
音声ガイド

¥550 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。