サントリー美術館

BIOMBO(ビオンボ)とは、ポルトガル語やスペイン語で「屏風」を示します。本展では古くから日本の住空間を飾ってきた屏風に光をあて、日本文化において屏風がたどった歴史と、屏風が果たした役割について、グローバルな視野から再検証をこころみます。異国に贈られた屏風や、別々に所蔵されてきた屏風の復元もみどころになります。

image

開館記念特別展
BIOMBO/屏風 日本の美

2007年9月1日(土)~10月21日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

BIOMBOとは、「ビオンボ」と発音し、ポルトガル語やスペイン語で「屏風」を意味します。日本の屏風が近世初期の南蛮貿易で輸出の品として盛んに海を渡り、西欧にもたらされたことを示している言葉です。開館記念特別展と題した本展では、屏風の変遷をたどるとともに《屏風の成立と展開》《儀礼の屏風》《BIOMBOの時代 屏風にみる南蛮交流》《近世屏風の百花繚乱》《異国に贈られた屏風》《海を越えた襖絵と屏風絵》という多角的なアプローチで屏風の魅力に迫り、貴重な名品をご覧いただきます。屏風がたどった歴史や、もとめられてきた機能、とくに文化交流の側面で屏風が果たした役割に光をあてつつ、グローバルな視野から屏風の再検証を試みる展覧会です。今回は、江戸幕府がオランダに贈った屏風10件が、初めて日本に里帰りするほか、現在海外の美術館に分蔵されているかつては一連の作品であった屏風の名品などを一堂に展示します。

会期

2007年9月1日(土)~10月21日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※ただし9月16日(日)、9月23日(祝)、10月7日(日)は20時まで
※いずれも最終入館は閉館30分前まで

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1200
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥900

※団体割引は20名以上から適用
※8月1日より前売券(一般1,200円、高校生・大学生900円)発売 チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード前売:687-494、当日:687-495) ローソンチケット:0570-000-777(Lコード:37070) イープラス:http://eplus.jp CNプレイガイド:0570-08-9999

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。