コレクションデータベース

熊野本地絵巻

くまの ほんじ えまき

制作地・様式
お伽草子
数量・員数
三巻
形状・材質技法
巻子 紙本著色
寸法(単位cm)
(上巻)縦29.2 全長874.4 (中巻)縦29.4 全長615.1 (下巻)縦29.6 全長689.2
制作年代
江戸時代   17世紀

 御伽草子における本地物は、仏菩薩や神の元の姿や前世を描いたもので、本作は熊野権現が天竺から垂迹した由来を描いた絵巻。「熊野の縁起」とも呼ばれている。摩伽陀国の千さい王は後嗣がなく、千人の妃を入れたが、やがて五衰殿の女御が懐妊する。九百九十九人の妃たちはこれを妬み、女御を殺害しようとはかるが、女御は臨終に際し神仏に祈請して山中で王子を生む。その後この山に住む上人が王子を見つけて育て、七歳になった時に王のもとを訪れ、すべてが明らかになる。王と王子、生き返った女御は日本に渡り、熊野の神となった。本作品の内容は安居院の『神道集』巻二の「熊野権現事」と題する同社の本地譚に最も近く、画風は伝統的な大和絵の手法によっているが、室町時代の絵巻によく見られる傾向として、稚拙な表現も見受けられる。詞と絵を交互に配する段落式で、全体の構成はバーク財団本に近いものと考えられる。(『絵巻少宇宙―絵の中に生きる人々―』、サントリー美術館、2000年)

作品名、作者名、制作地・様式などのキーワードで収蔵品の検索ができます

絞り込み条件を追加
作者

下記ボタンをクリックしてリストから作者を選択できます(複数選択可)

作者を選択する

ジャンル

ジャンルで絞り込みができます

制作年代

時代または世紀のいずれかで絞り込みができます

このページの先頭へ