ウイスキーはどうして琥珀色になるのですか?

ウイスキーが琥珀色になるのは、樽材が含む成分、また、樽を焦がすことにより変化した成分が溶け出し、ウイスキーの成分と反応するからです。

樽材には、主にホワイトオークなどオーク材が主に使われ、その木にはリグニンなどの成分が含まれています。蒸溜したてのウイスキー(ニューポット)は無色透明で香味も荒々しいですが樽に詰め貯蔵すると色は琥珀色へ、香りは深く複雑に、味わいはまろやかに変わっていきます。これを樽熟成と言います。

サントリーのウイスキーブランドサイトはこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ウイスキー・ブランデーの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページを共有する

お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.