品質保証の取り組み

物流

「出荷」から「お届け」までを管理する設備・体制を整えています

商品の品質を維持するため、運送・保管協力会社に商品の保管品質について、より一層の理解と協力を得るための啓発活動を行うほか、実際に倉庫で、倉庫内の温度・湿度チェックをはじめ、設備や安全衛生面などの管理状況を確認しています。

フレッシュローテーション

鮮度の高いビールをお客様にお届けするための取り組みとして、倉庫において、先入れ先出しの徹底を行っています。また出荷時に製造日のチェックを行うことにより、正しく出荷・管理されているかどうかを確認しています。

出荷先トレースシステム

倉庫から得意先までの出荷履歴を瞬時に確認することができる、出荷先トレースシステムを導入しています。また万一、商品を出荷した後に原料や容器・表示などに何らかの問題がありうると判明した場合にも、出荷先を速やかに特定して対処をとることができる体制を整えています。

保管

倉庫の屋根を断熱仕様にするなど、温度・湿度管理を徹底しています。

輸送

デリケートなビールの品質を維持するため、エアサスペンション付きのウイング車を導入し、積極的に活用しています。輸送時の温度管理を徹底し、輸送中の振動を軽減させるほか、商品の水濡れを防ぎ直射日光が当たらないようにしています。

エアサスペンション付きのウイング車

ウイング

商品の水濡れを防ぎ直射日光をさける

エアサスペンション

輸送中の振動を軽減

このページのトップへ