お気に入りを見つけよう!日本の鳥百科

鳥を探してみよう!

特徴で探そう!

フリーワードで探そう!

※「日本の鳥百科」のページを
 検索します。
※ワードの間にスペースを入れて
 AND検索ができます。

気になる鳥を見てみよう!

最近チェックした鳥

シマフクロウ

日本最大のフクロウ
どっしりとした姿は森の守り神のよう

全長71cm。日本で最大のフクロウ。魚類を主食にし、カエルや小哺乳類なども食べます。大木にできた洞に巣をつくります。
一般にフクロウ類は飛ぶときには羽音はしませんが、シマフクロウは羽音をさせて飛行します。水辺で泳いでくる魚を待ち伏せる狩りが多いので、羽音をさせても問題がないのでしょう。シマフクロウは、アイヌの人たちからコタン・クルカムイ(部落の神様)としてあがめられている、人間の子供ほどもある我が国最大のフクロウです。北海道東部の原生林に、ごく少ない数がいるだけで、それも近年は激減して絶滅のピンチにある鳥です。
シマフクロウが飛んでいると、子供が矢を射かけてきました。神の鳥に矢を当てた者が勇気ある者の証となるのです。シマフクロウは矢をつかんで地上におり、その子と一緒に家に行きました。そこにいたのは、かつて長者だった男の落ちぶれた姿でした。しかし、神の鳥に対する礼儀正しい長者の態度に感心したシマフクロウは、家の中を飛びながら神通力で次々と宝ものを恵み、大きな家にかえてやりました。シマフクロウは村の人たちのもてなしを受け、神々のすむ国へ帰り、村は長者とともに平和で豊かな暮らしができるようになりました。これは吹雪の北海道からのお話です。

全長 71cm
渡り区分 留鳥

「渡り区分」の種類

環境 河川・湖沼/森林
鳴き声

「鳴き声」の種類

上田秀雄

※音を消したい場合は、もう一度クリック
してください。

※当サイトの内容、テキスト、画像、音源等の無断転載・無断使用を禁止します。

このページの先頭へ