サントリー ワイン スクエア

ラフィット

ロス ヴァスコス

チリの銘醸地で磨かれるラフィット・エレガンス。

歴史 History

チリのプレミアム・ワインの
パイオニアを目指して。

1988年、ラフィットグループは1750年創業の「ロス ヴァスコス」を取得、経営を開始します。「チリにおけるプレミアム・ワインのパイオニアになる」。そのために無数のワイナリーの中から厳選に厳選を重ねた、いわば〈ダイアモンドの原石〉。それが「ロス ヴァスコス」でした。最大の魅力は、プレミアム・ワインづくりに理想的な微気候=ミクロクリマ。三方を山で囲まれたコルチャグア・ヴァレーのカニェテン盆地は太平洋から約40キロメートル。夜の間に吹き込んだ海からの冷涼な風が、日中の強い日射による気温の上昇を緩和し、ぶどうの完熟をうながします。また、充分な水源があり、霜害のリスクが少ない半乾燥土壌であることなども理想にかなっていたのです。

Topへ戻る

信念 Philosophy

この地で磨かれるラフィット・エレガンス。

ラフィットグループでは、「ロス ヴァスコス」にテクニカルディレクターを派遣しています。その統括菅理のもと、この恵まれた土地のメリットを最大限に活かすべく、土壌の地質を区画ごとに分析し、ぶどうの樹を植え替え、最新の設備を導入するなどラフィットの知識と技術を惜しみなく注いできました。現在では、4000ヘクタールもの広大な所有地のうち640ヘクタールの厳選した土壌にぶどうを作付、贅沢で高品質のワインづくりを行っています。プレミアム・ワインづくりのポテンシャルを「ロス ヴァスコス」に見出した先見性。それは、テロワールに関する知識の蓄積、植樹されたぶどうの樹齢とともに磨きがかかり、バランスや表現、複雑性をそなえた新たな魅力となって実証されています。まさにラフィット・エレガンスが生きていると言えるでしょう。

Topへ戻る

ワインづくり Wine Maker

土地のメリットを最大限に。

ロス ヴァスコスでは、ぶどうの収穫の大半は手摘みで行っています。シャルドネ種とソーヴィニヨン・ブラン種は、若々しさとアロマを保つため低温発酵、その後すぐボトルに詰めます。カベルネ・ソーヴィニヨン他、赤ワインは、各区画ごとに収穫したぶどうを、それぞれ別のステンレスタンクで発酵。テイスティングを重ねて、アッサンブラージュ(ブレンド)していきます。グランド レゼルブ以上のワインはその一部をラフィットグループ専用の樽工房でつくった樽で熟成させています。テロワールの長所、その複雑性を活かしながら、バランス良く上品に仕上げるワインメイキング、これこそがチリで類のないエレガントさを生みだしているのです。

Topへ戻る

ラインナップ Lineup

  • ロス ヴァスコス
    カベルネ・ソーヴィニヨン
    LOS VASCOS CABERNET SAUVIGNON

    チリ/コルチャグア・ヴァレー/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
    赤・ミディアムボディ

    Light Medium Full

    ロス ヴァスコスの中でも、「ボルドースタイルのチリのカベルネ」として定番的に親しまれているワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種特有のタニックですがすがしい気品が漂います。しっかりとしたコクとなめらかな口当たりが楽しめる、バランスのよい赤ワインです。果実のポテンシャルをそのまま活かすため、温度管理されたステンレスタンクで発酵。樽熟せずフレッシュ&エレガントに仕上げています。ワイナリーの品質向上を実感できるワイン。明らかなパフォーマンスの高まりを表現し続けています。

  • ロス ヴァスコス
    シャルドネ
    LOS VASCOS CHARDONNAY

    チリ/カサブランカ・ヴァレー、コルチャグア・ヴァレー/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:シャルドネ
    白・辛口

    辛口 1 2 3 4 5 甘口

    自社畑の冷涼な地区と、チリ屈指の白ワインの優良生産地カサブランカの長期契約のぶどうを厳選して使用。果実のポテンシャルをそのまま活かすため、温度管理されたステンレスタンクで発酵。樽熟せずフレッシュ&フル-ティに仕上げています。柑橘系やバナナなどのフルーティな香りが豊かに立ちのぼり、シャルドネ種ならではのフレッシュで爽やかな酸味が、ほのかな苦味が感じられるワインです。

  • ロス ヴァスコス
    ソーヴィニヨン・ブラン
    LOS VASCOS SAUVIGNON BLANC

    チリ/カサブランカ・ヴァレー、他/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン
    白・辛口

    辛口 1 2 3 4 5 甘口

    ぶどうは適地適品種に基づき、チリ屈指の白ワインの優良生産地カサブランカなどで長期契約の畑のぶどうを使用。果実のポテンシャルをそのまま活かすため、温度管理されたステンレスタンクで発酵。樽熟せずフレッシュ&フル-ティに仕上げ、よく熟したソーヴィニヨン・ブラン種の特徴を充分に引き出しています。柑橘やトロピカルフルーツのようなボリュームある華やかな特有のアロマ、ほどよいコクとすっきりした酸味が心地よい、切れ味のいい白ワインです。洗練されたエレガンスを感じさせます。

  • ロス ヴァスコス
    ロゼ
    LOS VASCOS ROSÉ

    チリ/コルチャグア・ヴァレー/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン/シラー
    ロゼ・辛口

    辛口 1 2 3 4 5 甘口

    ボルドーの伝統に従い、丁寧に仕込まれたロゼワイン。収穫したぶどうを厳選し、マセラシオンによる色素の抽出後、果皮と果汁を分けステンレスタンクで3〜4週間発酵させます。色合いは鮮やかなロゼカラー。チェリーやラズベリーなどの赤い果実を思わせる、爽やかな香り。味わいは非常に軽やかながら、しっかりとした余韻があります。フレッシュですっきりとした辛口なので、アペリティフとして楽しめ、スパイシーな料理との相性も抜群です。

  • ロス ヴァスコス
    グランド レゼルブ
    LOS VASCOS GRANDE RÉSERVE

    チリ/コルチャグア・ヴァレー/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン/カルメネール/シラー/マルベック
    赤・フルボディ

    Light Medium Full

    コルチャグア・ヴァレーのテロワールが持つポテンシャルとラフィット・エレガンスを色濃く反映した逸品。「ロス ヴァスコス」を余すところなく表現しています。樹齢の高い樹の完熟ぶどうを厳選して、伝統的なボルドーの技術で醸造しています。ラフィット専用の樽工房でつくられたフレンチ・オークの小樽で12ヵ月間熟成。口当たりは優しくエレガント。心地よい果実味と、きめ細かく豊かなタンニンが凝縮されています。

  • ロス ヴァスコス
    カルメネール グランド レゼルブ
    LOS VASCOS CARMÈNERE GRANDE RÉSERVE

    チリ/コルチャグア・ヴァレー/ロス ヴァスコス社
    ぶどう品種:カルメネール
    赤・フルボディ

    Light Medium Full

    フランスからほとんど姿を消し、チリに生き残った象徴的品種=カルメネールを100%使用。チリにおける「ラフィット精神」にもとづいて、技術と情熱を注ぎ満を持して完成しました。色は濃く、黒みを帯びた赤。ブルーベリーやブラックチェリーを思わせる香りや、スパイス、ハーブを連想させる香りも感じます。充実感のある果実味で、豊かな味わいと長い余韻を持っています。カルメネールのポテンシャルが鮮明に表現された逸品です。

Topへ戻る