サントリー ワイン スクエア

伝統と上質の「五本の矢」 ドメーヌ バロン ド ロートシルト[ラフィット]

ブランド Brand

ラフィットという存在。

フランスのボルドー地方には、数千以上ものシャトーがあると言われています。1855年、その中でもメドック地区について、シャトーの評価を公式に審議し格付けをする、初めての試みがパリ万博に際して行われました。この時の公式格付けでグランクリュ第1級の第1位にランクされたのが、他ならぬシャトーラフィットでした。以来、ラフィットの王座は一度として揺らいだことはありません。その後1868年にロートシルト家(パリ家)が競売でシャトーを落札。シャトー ラフィット・ロートシルトとして、今日までその名を世界に響きわたらせています。

Topへ戻る

歴史 History

世界の銘醸地から。

ロートシルト家は、1868年「シャトー ラフィット」を「シャトー ラフィット・ロートシルト」とした後、ワイン事業を本格的に展開するためにドメーヌ バロン ド ロートシルト[ラフィット]社を設立しました。そして、1962年には「シャトー デュアール・ミロン」、1984年「シャトー リューセック」、1990年に「シャトー レヴァンジル」と、ボルドーで信頼を集めるシャトーを取得してきました。そして、1988年には、ボルドー以外の地でのワインづくりがはじまります。まず1988年、チリ「ロス ヴァスコス」、1999年に南仏コルビエール「ドメーヌ ド オーシエール」、同年、アルゼンチン「ボデガス カロ」。今では世界の銘醸地でワインづくりを行い、珠玉の銘酒を世に生み出しています。

Topへ戻る

五本の矢 Five Arrows

伝統と上質を守り続ける。

ドメーヌ バロン ド ロートシルト[ラフィット]が、生み出したすべてのワインに「五本の矢」が記されているのにお気づきでしょうか。18世紀後半に、フランクフルト出身のマイアー アムシェル ロートシルトが銀行家として成功しました。それを機に彼の五人の息子が事業を拡大させていきます。フランクフルトに長男のアムシェル、ウイーンに次男ザロモン、ロンドンには三男ネイサン、ナポリは四男カール、パリに五男ジェームス。ロートシルト一族は、ヨーロッパに一大金融帝国をつくりあげます。その兄弟の「連帯の証」が五本の矢のロゴ。今では一族が守り続け生み出してきたワインの高い品質の証として使われ「伝統と上質の五本の矢」として、ラベルやボトルなどにデザインされているのです。

Topへ戻る

ワインづくり Wine Maker

ラフィット・エレガンス。

代々、優れたワインづくりを受け継ぎ、数世代にわたる一流の職人たちが世界中から潜在能力の高い土壌を探し出し、「常に最高品質を追い求める」という信条を掲げ、努力を重ねています。今日では、ボルドーのみならず、南仏、チリ、アルゼンチンと様々なエリアや国でワインづくりを行いラフィットの名に恥ることのないクオリティをそなえたワインを、世界に送り出しています。ワインづくりのこだわりは様々なところで見ることができます。そのひとつが樽。専用の樽工房をラフィット・ロートシルトとデュアール ミロンの敷地につくり、一流の職人が、年間約2000樽を生産しています。ここでつくられる樽はボルドーのシャトーだけでなく海外も含めた自社が所有するすべてのワイナリーで使用しています。これぞドメーヌ バロン ド ロートシルト[ラフィット]社が目指す、ワインのキーエッセンス、ラフィット・エレガンスのひとつといえるでしょう。

Topへ戻る