サントリー ワイン スクエア

ラフィット

ボデガス カロ

ふたつの国、文化の調和が生みだすスペシャルなワイン。

歴史 History

国・文化を超えたパートナーとの挑戦。

1998年、ラフィットグループとアルゼンチンの「ボデガス カテナ」の提携話がもちあがります。意気投合した両家は、フランスとアルゼンチンの文化を調和させたワインを生み出すために、ジョイントベンチャーを始動させたのです。そして、1999年「ボデガス カロ」が誕生。カテナの「CA」と、ロートシルトの「RO」と2つの頭文字を合わせて、かつイタリア語で「愛しい人」という意味になる「CARO」と社名を名付けました。

Topへ戻る

信念 Philosophy

ボルドースタイルとアルゼンチンの
アイデンティティ。

ボデガス カロの魅力は2つの国と文化の調和です。ボルドーのトップシャトー「シャトー ラフィット・ロートシルト」を擁するラフィットグループからは伝統に培われたぶどう栽培の技術と、上質ワインのアッサンブラージュ(ブレンド)の技術を。古くからアンデスの麓、メンドーサでワインづくりを行ってきたボデガス カテナからは、高い標高に位置する特殊な土壌の知識とマルベック種のぶどうづくりのクオリティを提供。ボルドースタイルと、アルゼンチンのアイデンティティ。国と文化を超えた調和から、他には類をみないスペシャルなワインを生みだしています。

Topへ戻る

ワインづくり Wine Maker

アンデス山脈の麓、
複数の上質テロワールの魅力を活かして。

アンデス山脈の上質テロワールを活かすためにカテナ社が所有している畑のほか、優良なぶどう栽培家と契約を結んでいます。「畑の中のエレガンスをワインで実現する」をモットーに土壌の違いを詳細に調べ上げ、それぞれの区画ごとのぶどうを個別に醸造、アッサンブラージュ(ブレンド)してワインに仕上げます。2002年まではカテナ社の醸造施設を利用していましたが、2003年には「ボデガス カロ」独自の醸造所を新設。1884年に建てられたワインセラーを買い取り、昔ながらの景観は生かし内部は最新の設備を備えています。2016年からはラフィットグループの海外ワイナリーを監督する、オリヴィエ トレゴアがテクニカルディレクターとして技術部門を統括。ワインメーカーはフェルナンド ブッチェマが担当しています。

Topへ戻る

ラインナップ Lineup

  • カロ アルマ マルベック
    CARO ARUMA MALBEC

    アルゼンチン/メンドーサ/ボデガス カロ社
    ぶどう品種:マルベック
    赤・フルボディ

    Light Medium Full

    ファーストヴィンテージは2010年。「ボデガス カロ」の初リリースから10周年を記念し、アルゼンチンという土地、この国の重要品種であるマルベック種に敬意を表し100%にこだわり誕生しました。銘醸地メンドーサの個性豊かな複数の上質テロワールが織り成すいくつものマルベックを、まるでパズルを組み合わせるようにアッサンブラージュ(ブレンド)して仕上げた、究極のマルベック・ブレンドです。バランスとエレガンス、そして最高品質のマルベックワインの基となるアロマの深みを追求することで他には類をみない複雑性を生み出しました。

〈名前の由来〉

アルマとは、インカの言葉「ケチュア語」で〈夜の力〉の意味。マルベックの畑は標高約800〜1400メートルに広がるアンデス山脈の麓に位置しています。急速に気温が下がる夜の冷気がぶどうにアントシアニンを蓄積し、色を与える、その夜の力を意味します。漆黒の夜空やピュアな空気によってもたらされる神秘的ともいえる力。そしてマルベック種のぶどう由来の色の濃さ、黒さからもその名がつけられました。

〈味わい〉

自然な香り立ち、ブルーベリーを思わせる香りと、スパイスを思わせる香りを感じます。緻密な果実の凝縮感とエレガントな酸味とのバランスが素晴らしいワインです。

Topへ戻る