サントリー文化財団

menu

サントリー文化財団トップ > 研究助成 > これまでの助成先 > [2021年度]研究助成「学問の未来を拓く」

研究助成

これまでの助成先

研究助成「学問の未来を拓く」

2021年度

(敬称略、肩書きは申請当時)

No. 研究テーマ 代表者 成果報告
101 聴覚崇高の心理学的特徴と脳内基盤に関する学際的研究 関西大学文学部 准教授
石津 智大
 
102 日本の伝統文化『折る・結ぶ・包む』で知る立体の手触り 埼玉県立大学保健医療福祉学部 教授
石原 正三
 
103 習近平効果を検証する:現代中国の政策過程の可視化に向けて 青山学院大学国際政治経済学部 教授
林 載桓
 
104 生きられる〈音〉としての都市―視覚障害者からみた都市の可能性を探る実践的研究― 東海大学国際文化学部 講師
植田 俊
 
105 南方マンダラと生物多様性―魚つき林の理を科学する― 大阪大学接合科学研究所 特任教授
大原 智
 
106 東シナ海域における「国境離島」の比較研究 早稲田大学高等学院 教諭
柿沼 亮介
 
107 東南アジアにおける民主主義の後退 慶應義塾大学法学部 教授
粕谷 祐子
 
108 中世末期ヨーロッパにおける「奏楽天使」壁画についての学際的研究 日本学術振興会 特別研究員PD(受入機関:國學院大學文学部)
勝谷 祐子
 
109 通貨の未来:デジタル通貨に関する学際的研究 大阪国際大学経営経済学部 専任講師
川波 竜三
 
110 「復興」という理念を棄却する:被災者の実践にみる復原的意味 東京大学生産技術研究所 特任研究員
窪田 亜矢
 
111 島の生活誌と東アジア人類史―弥生時代の琉球列島はなぜ稲作農耕を受け入れなかったか 琉球大学国際地域創造学部 教授
後藤 雅彦
 
112 散歩学の体系化―都市における歩く文化の復権にむけた試み― 滋賀大学環境総合研究センター 客員研究員
近藤 紀章
 
113 汚穢の倫理:ケガレの社会的・環境的次元、および倫理の身体的・日常的次元 神戸大学大学院人文学研究科 准教授
酒井 朋子
 
114 コロナ下の「夜の街」のゆくえ 東京都立大学法学部 教授
谷口 功一
 
115 戦後日本におけるリベラル・モダニズムの総合的解明 立命館大学法学部 教授
德久 恭子
 
116 新アーカイブ資料に基づくマケドニア文章語形成を巡る国際関係史再考 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 教授
野町 素己
 
117 「アナーキーなまちづくり」の実践理論に関する研究 大阪国際大学経営経済学部 准教授
早川 公
 
118 自動運転(SAEレベル3以上)に関する倫理ガイドラインの起草 多摩大学経営情報学部 専任講師
樋笠 尭士
 
119 魅惑の「美声」:近代日本における声と情動に関わる言説構築過程の学際的研究 成蹊大学文学部 教授
日比野 啓
 
120 権威主義化する世界と憲法改正 法政大学法学部 教授
溝口 修平
 
121 心の「行動抑制ネットワーク仮説」に基づく「モノの心理学」の構築 信州大学繊維学部 准教授
森山 徹
 
122 持続的な観光に向けたDX観光の検証:仮想空間における真正な体験の国際比較分析 金沢大学人間社会研究域 准教授
山田 菜緒子
 
123 動物の幸せの判断基準の多様性と一貫性:学術的議論から社会への応用まで 京都市動物園生き物・学び・研究センター 主席研究員
山梨 裕美
 
124 戦後日本における「河内的なもの」と「船場的なもの」に関するメディア文化研究 神戸市外国語大学外国語学部 准教授
山本 昭宏
 
研究助成「学問の未来を拓く」

サントリー文化財団