シャンパン、スパークリングワインの開け方を教えてください。

シャンパン、スパークリングワインを上手くあけるコツをお伝えします。
まずはじめに、以下の点にご注意ください。

【シャンパン・スパークリングワイン開栓時の注意事項】
・開ける前には十分に冷やしてください(7℃ぐらい)。
・開ける直前まで、口金ははずさないでください。
・開ける前に瓶をゆすらないでください。
・瓶口は絶対に他人や自分の顔、あるいはこわれ物の方に向けないでください。
・破瓶の恐れがあるためワインオープナーなどの器具は絶対に使用しないでください。
・開栓後は、決して再栓しないでください。(飲み残した場合は、専用のシャンパンストッパーをお使いください。)
・瓶のお取扱いには十分ご注意ください。

シャンパン、スパークリングワインの開け方

シャンパン、スパークリングワインの開け方解説の写真1。栓を覆っているシールをはがす。
(1)栓を覆っているシールをはがす。
シャンパン、スパークリングワインの開け方解説の写真2。片手で瓶の首を握り、親指で栓をしっかり押さえながら、針金をゆるめる。
(2)片手で瓶の首を握り、親指で栓をしっかり押さえながら、針金をゆるめる。
シャンパン、スパークリングワインの開け方解説の写真3。吹きこぼれや、栓が飛んだときの危険防止のために栓の部分をナプキンで覆う。
(3)吹きこぼれや、栓が飛んだときの危険防止のために栓の部分をナプキンで覆う。
シャンパン、スパークリングワインの開け方解説の写真4。瓶を立てたまま、ナプキンの上から栓の部分をしっかり握る。また、もう片方の手で、瓶の下のほうを握り、ゆっくり瓶を回す。
(4)瓶を立てたまま、ナプキンの上から栓の部分をしっかり握る。また、もう片方の手で、瓶の下のほうを握り、ゆっくり瓶を回す。
シャンパン、スパークリングワインの開け方解説の写真5。栓が中のガス圧で自然に持ち上がってきたら、栓を押さえつけるようにしつつ静かに抜いていき、最後に栓を少し傾けるようにして、隙間からガスを逃がす。
(5)栓が中のガス圧で自然に持ち上がってきたら、栓を押さえつけるようにしつつ静かに抜いていき、最後に栓を少し傾けるようにして、隙間からガスを逃がす。

【サントリー取り扱いの主なスパークリングワイン】
フレシネ ブランドサイト

モマンドールブランドはこちらから

【サントリー取り扱いのシャンパン】
ローランペリエ ブランドサイト

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

お問い合わせ

メール

※お返事までお時間をいただく場合や、お返事を差し上げられない場合がございます。

お電話

受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
  • ※内容を正確にうけたまわるため、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。
  • ※お客様からいただきましたお電話は、内容確認のため録音させていただいております。要配慮個人情報をお伝えいただく場合、事前に、ご本人様の同意を得ていただきますようお願いいたします。
  • ※電話番号はお間違えのないようおかけください。

お手紙

〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
サントリーお客様センター 宛

このページの先頭へ