「シャンパン」と「スパークリングワイン」とはどう違うのですか?

「シャンパン(Champagne)」は「スパークリングワイン」のうちの一つのカテゴリーです。

「スパークリングワイン」は、一般には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称です。(3気圧以下のものは弱発泡性ワインといいます)。
その中で、「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方でつくられ、かつフランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもののみ名乗ることができる名称です。条件にはつくられる地域やぶどうの品種、栽培や伝統的製造方法(メソード トラディショナルと呼ばれる製法で、シャンパン製法とも呼ばれる)、アルコール度数などの項目があります。

「シャンパン」以外の「スパークリングワイン」では、

フランス=ヴァンムスー(Vin Mousseux)
クレマン(Cremant)
イタリア=スプマンテ(Spumante)
ドイツ=シャウムヴァイン(Schaumwein)
ゼクト(Sekt)
スペイン=エスプモーソ(Esupumoso)
カヴァ(Cava)

などが知られています。

なお、弱発泡性ワインとしては、

イタリア=フリザンテ(Frizzante)
フランス=ペティアン(Petillant)

などがあります。

【サントリー取り扱いのシャンパン】
『ローランペリエ』HPはこちら

【サントリー取り扱いのシャンパン以外の主なスパークリングワイン】
『フレシネ』HPはこちら

『モマンドール』HPはこちら

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ