ブランデーの歴史を教えてください。

ブランデーが、最初に文献に登場するのが13世紀。
本格的な産業に発展したのは、17世紀半ばです。

ブランデーは、有史以前の歴史をもつワインに比べて、比較的新しいお酒です。はじまりについてはいろいろな説がありますが、文献に13世紀、スペイン人の錬金術師で医者であるアルノー・ド・ビルヌーブが、ワインを蒸溜し、気つけ薬として珍重していたと記されています。その後この液体は「いのちの水(オー・ド・ヴィー)」と呼ばれ、広まっていきます。
本格的な産業へと発展するのは17世紀半ば、ここに至るまでには次のような経緯があったと言われています。
16~17世紀、ヨーロッパは寒波に襲われ、また宗教戦争の影響もあって、ワインの品質が落ちました。オランダ人が輸入していたフランス・コニャック地方のワインも、長い輸送に耐えられず酸っぱくなってしまったため、蒸溜して輸送することにしました。これが、意外にもおいしいと評判になり、ブランデヴァイン(Brandewijn=焼いたワイン)→ブランデーとして普及したのです。
また、フランスでは税制改定でアルコール度数に関係なく量に対して酒税がかけられることになり、少量化で税が安く輸送も便利ということで、ワインの蒸溜に、いっそう拍車がかかりました。特にブランデーに適したワインが採れるコニャック地方は、こうしてブランデーの銘醸地として有名になったと言われています。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ウイスキー・ブランデーの関連FAQ】

Q&Aを探す

LINEでも
お問い合わせ
できます
LINEでもお問い合わせできます