サントリーウイスキー蒸溜所便り

閉じる

山崎蒸溜所便り

白州蒸溜所便り

【蒸溜所で働く人】山崎蒸溜所の景観を守る活動

2022年5月27日

こんにちは、水野めぐみです。
初夏を迎え、天王山の緑が美しい季節になりました。
山崎蒸溜所の敷地にはさまざまな植物が植えられているので、植木や花からも季節の移り変わりを感じます。
この植栽の手入れは、専門の協力会社様の助けを借りて行っているんですよ。


予備①北条さん山崎588×430.JPG「西武造園株式会社 北条さん」


※写真はすべて撮影時のみマスクをはずして撮影しています。


今回は、蒸溜所に咲く花や木々の維持管理を行っている西武造園株式会社の北条さんに話を聞いてきました。


水野「北条さんが担当している造園の仕事について教えてください。」
北条「山崎蒸溜所の植栽の維持や安全管理を行っています。例えば、植木の剪定や花壇の手入れなどを行っています。」


②蒸溜釜前花壇588×430.JPG「春先の花壇の様子」


水野「蒸溜所の入り口にある蒸溜釜の周りの花壇は、いつもきれいに手入れされていますよね。私もこの花を見て癒されています!花壇の花は季節ごとに植え替えているんですか?」
北条「花壇の植え替えは年2回、春と秋に行っています。花壇以外にもプランターなどは定期的に植え替えをして、どの季節でも新鮮さを保つようにしているんですよ。」
水野「蒸溜所にはいろいろな花が植えられていますが、花を選定する時のこだわりやポイントはあるんですか?」
北条「花の苗は一緒に働く西武造園のメンバーの意見も取り入れながら選んでいます。季節にあわせ夏は爽やかで涼しげに、冬は温かみのある色味の花を植えています。また山崎蒸溜所の景観や客層をイメージしながら、少し大人の雰囲気になるような花を選んでいるんです。」


北条さんは、日々メンバーの皆さんと協力しながら花の様子を確認するため巡回しているそうです。
花壇では、「ミルフル」や「フィオリーナ」、「サフィニア」などサントリーフラワーズの品種も楽しむことができます。


③受付前花壇お手入れ588×430.jpg「きれいに咲く花を楽しめるよう細やかに手入れをしています」


水野「花を美しく見せるコツや手入れなどのポイントを教えてください。」
北条「花をきれいに長持ちさせるためには、咲き終わった花がらをこまめに摘むことが大切です。花がらが花茎に付いたままだと結実して種子ができます。種子に養分がとられると花全体も弱ってしまうので、しぼんだ花がらは摘み取り、きれいな状態で長く楽しんでもらえるようにしています。」


④花がら摘み作業中588×430.JPG「バランスを見ながら種が付いたものや花が枯れたものをカットします」


水野「花を美しく保つには、日頃の管理や手入れが欠かせないんですね。山崎という土地ならではの苦労はありますか?」
北条「山崎蒸溜所付近は自然環境が残る場所なので虫や獣害に悩まされることもあります。食品を扱う工場なので、蒸溜所では殺虫剤などの薬品は使いません。その代わりに、ハーブなどの自然由来の忌避剤を使用したり、常時パトロールをして虫が住み着かないように手入れしています。」
北条「他にも、山崎蒸溜所は竹林に囲まれているので、竹の伐採を行うなど景観を維持するために定期的な管理をしているんですよ。」


山崎蒸溜所は背後に天王山がひかえる自然豊かな環境です。
この恵まれた環境ならではの景観を保全する努力があることを教えてもらいました。


⑥振り返り北条さん588×430.JPG「樽材を再利用したプランターには季節の花が植えられています」


北条さんは、学生時代から花と触れ合うことが好きで、今でも花を触っている時間が一番楽しいそうです。
最後に仕事のやりがいを聞いてみました。


北条「蒸溜所を訪れた方から『花がきれいですね』と声をかけていただいたり、花の写真を撮られている姿を拝見すると、とても嬉しくなります。これからも山崎の四季を感じていただけるように、きれいな花でお客様をおもてなししたいです。」


予備⑦W館遊歩道つつじ588×430.jpg「日差しが心地よい山崎蒸溜所」


今回は山崎蒸溜所での植栽の管理についてご紹介しました。
山崎蒸溜所では協力会社様の助けも借りながらウイスキーづくりに理想的な環境を整備しています。ご来場の際は、四季折々の草花もぜひお楽しみください。


★アンケートはこちらから


【お知らせ】工場見学の営業に関する最新情報は、山崎蒸溜所ホームページにてご案内しています。ご来場前に必ず、営業日・時間、予約方法等のご確認をお願いいたします。

山崎蒸溜所便り 最新記事