2021年の『ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー』はどのような味わいが特長ですか?

2021年の『ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー』は、採れたてのいちごやチェリーに、そのままかじりついたような味わいが特長です。
いちごやチェリーなどの赤い果実の香りがふわっと感じられ、シルクのような優しいタンニンとともに、採れたて果実の果汁が口いっぱいに広がります。

4月の霜害以降は天候にも恵まれ、6月に開花、7月にぶどうの実がなり、8月にかけて一気に色付いていきました。
9月中旬頃から開始した収穫では、糖分と酸味のバランスが取れたぶどうが収穫されました。

21年ボジョレーヌーヴォーは、ボジョレーヌーヴォーらしい、素晴らしいヴィンテージに仕上がりました。
新鮮な果実の香りと味わいを、ぜひ心ゆくまでどうぞお楽しみください。

サントリーのボジョレーヌーヴォー商品は「公式ボジョレーヌーヴォーサイト」から

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

LINEでも
お問い合わせ
できます
LINEでもお問い合わせできます