ラガービールとはなんですか?

ラガービールとは貯蔵工程で低温熟成させた下面発酵ビールのことです。

16世紀頃までは、一次発酵が終ると出荷、販売されていましたが、ラガー(貯蔵庫)に貯蔵することにより、味と貯蔵性が良くなることがわかり、ラガーで二次発酵を行うようになりました。ラガービールには、熱による処理をしないビールと熱による処理(パストリゼーション)をしたビールがあります。『ビールの表示に関する公正競争規約(第4条第1項)』では「貯蔵工程で熟成させたビールでなければラガービールと表示してはならない」と決められています。

エールビールとラガービールの違いはこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ビール・発泡酒・新ジャンルの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ