ワインのラベルに、酸化防止剤(亜硫酸塩)と書いてありますが、どのようなものですか?

硫黄を燃やした時に出るガスです。
葡萄など果実は空気に触れると酸化して色や味が変化します。
これを防ぐために、ワインづくりでは古くから世界的に亜硫酸が用いられてきました。

量もごく微量で、もちろん身体に害のあるものではありませんので、心配はございません。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

LINEでも
お問い合わせ
できます
LINEでもお問い合わせできます