アルミ缶とスチール缶に分けている理由はありますか?

現在は、技術の進歩によって中味や製法による容器の制限はなくなってきています。

もともとアルミ缶は強度的にスチールほど強くなく、中味の圧力で容器の強度を保つ必要がありました。そのため当初はビールや炭酸飲料など炭酸を含む飲料しか使用することができず、果汁飲料など炭酸飲料以外はスチール缶がほとんどでした。しかし中味を陽圧にする窒素充填技術等の進歩によって、炭酸飲料でなくてもアルミ缶を使用することができるようになっています。
また、お茶類やコーヒー、紅茶などは、レトルト殺菌といって中味を缶に充填してから加圧状態で高温で殺菌する製法のため、強度の関係から丈夫なスチールを使用していましたが、技術の発達により、アルミ缶でも問題なく製造できるようになっています。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【容器・リサイクルの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページを共有する

お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.