栄養成分表示でエネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量、と必ず5つ書かれているのはどうしてですか?

栄養成分表示で必ず5つ書かれているのは、食品表示法により定められているからです。

入っている量が「0」でも、そのように表示しなくてはいけません。
「含まれていない」のも大切な情報だという考え方です。

表示しなければならない成分は次のような理由から選ばれたようです。

(1)たんぱく質、脂質、炭水化物=3大栄養成分といわれている
(2)食塩相当量=とりすぎは日本人に多い高血圧の原因になっている
(3)熱量=摂りすぎは肥満の原因のひとつになっている

また、食品に栄養成分に関係する表示(例えば「ビタミンCたっぷり」など)を記載する場合、その栄養成分の量を表示することが決められています。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【表示・分類の関連FAQ】

Q&Aを探す

お問い合わせ

メール

※お返事までお時間をいただく場合や、お返事を差し上げられない場合がございます。

お電話

受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
  • ※内容を正確にうけたまわるため、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。
  • ※お客様からいただきましたお電話は、内容確認のため録音させていただいております。要配慮個人情報をお伝えいただく場合、事前に、ご本人様の同意を得ていただきますようお願いいたします。
  • ※電話番号はお間違えのないようおかけください。

お手紙

〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
サントリーお客様センター 宛

このページの先頭へ