ワインは体に良いと聞きますが、どのような効果があるのですか?

赤ワインには動脈硬化の予防効果、白ワインには抗菌効果があります。

※画像をクリックすると製品詳細サイトへ移動します。

動脈硬化を予防する赤ワイン
サントリーおすすめの赤ワイン 赤ワインの説明
赤ワインがよく飲まれる南フランスでは、他の欧米諸国同様に脂肪摂取量が多いにもかかわらず、動脈硬化の患者が際立って少なく、一見矛盾とも思われる事実が専門家の注目を集めていました。
「フレンチパラドックス」と呼ばれていたこの事実の原因を解明しようという研究は、欧米のいくつかのグループを中心に進められてきましたが、日本の国立健康・栄養研究所とサントリーが共同研究によって、1994年に科学的根拠を解明したのです。
この研究によると、動脈硬化は血液中のLDL(低比重リポ蛋白)つまり、悪玉コレステロールが酸化されることによっておこるのですが、赤ワインにはこのLDLの酸化を抑えるポリフェノールが豊富に含まれていることが明らかになりました。
抗菌効果のある白ワイン
サントリーおすすめの白ワイン 白ワインの説明
白ワインに含まれる有機酸には抗菌効果(腸内細菌のバランスを整える作用)があるといわれています。
アメリカのマーチン E ワイズ教授(Dr. Martin E. Weisse、ウエストバージニア大学HSCN小児科学教室小児科ならびに病理学部門担当)の実験によると、白ワインには、大腸菌やサルモネラ菌に対する強い抗菌効果が認められています。

◆その他のサントリーおすすめのワインはこちらから
サントリーワインスクエア

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.