「貴腐ワイン」とはどんなワインのことですか?

「貴腐ワイン」とは貴腐葡萄からつくられるワインです。

素晴らしい香りと甘美な風味。その希少性から「ワインの帝王・帝王のワイン」と呼ばれています。
貴腐葡萄は完熟した葡萄に貴腐菌(ボトリティス・シネレア)がついて出来る特殊な葡萄です。貴腐菌が果皮のロウ質を壊すことにより、果汁中の水分が蒸発。糖度が著しく濃縮されて、木になったままで乾葡萄のような状態になっていきます。
ただし、この菌は未熟な葡萄につくと灰色カビ病となり、収穫期に雨が多いと貴腐ならぬただの腐敗に転落してしまう二面性を持っています。
フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、ハンガリーのトカイワインが世界三大貴腐ワインと呼ばれています。
日本で最初の貴腐葡萄が発見されたのは、1975年、サントリー山梨ワイナリー(現・登美の丘ワイナリー)でした。以来、登美の丘ワイナリーでは、貴腐葡萄づくりに情熱を注ぎ続けており、適年には見事な貴腐ワインがつくられるようになりました。

貴腐ワインとは

貴腐ワインのご紹介はこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ