フランスワインで「セカンドラベル」というものを聞いたことがあるのですが、どのようなものですか?

「セカンドラベル」は、シャトーが所有している畑の葡萄から醸されたワインのうち、アッサンブラージュ(ブレンド)の際に、 シャトーものの厳しい選別に達しなかったワインを更に選別してつくるもので、主に樹齢の若い葡萄から醸造されたワインが選ばれます。

セカンドラベルは決して 「二流のワイン」という意味ではありません。
栽培から醸造まで、すべてシャトーものと同じ手間ひまをかけてつくられたものです。セカンドラベルとして厳しい基準も設けられており、 そこに満たなかったものは排除されます。樹齢が若いために、ワインの熟成が比較的早く進む傾向はありますが、価格がお手頃ということもあり、最近では、若いうちに飲むならシャトーものよりも楽しめるという声さえでています。
例えば『レ フィエフ ド ラグランジュ』は 『シャトー ラグランジュ』のセカンドラベル。『カリュアド ド ラフィット・ロートシルト』は 『シャトー ラフィット・ロートシルト』のセカンドラベルです。
フランスワインで「セカンドラベル」というものを聞いたことがあるのですが、どのようなものですか?

「ワイン」ブランドサイトはこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ワインの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ