『-196℃』のネーミングの由来を教えてください。

『-196℃』のネーミングの由来は、「果実を瞬間凍結させる温度(-196℃)」を表現したいと名付けられました。

『-196℃』は、果実の種も皮もそのまままるごとを-196℃で瞬間凍結し、その後パウダー状に微粉砕。さらに、これをアルコールに浸漬して作られています。

『-196℃』のブランドサイトはこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【-196℃の関連FAQ】

Q&Aを探す

このページを共有する

お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.