焼酎のボトルの中に、モヤモヤしたものが浮かんでいるのですが、なんですか?

原料由来の成分です。味・香りへの影響はありませんので、安心してお召し上がりください。

蒸溜後の焼酎の原酒はアルコール度数が44度程度あり、その中にはアルコール以外の微量成分が多数含まれています。これらの成分は、乙類焼酎としての原料特有の香味を形成します。その中にアルコール度数が下がったり温度が下がると、溶けきらずに濁りとなって出てくるものも含まれます。
一般には、冷却ろ過などの手法を用いて、旨みを残しつつ、製品での析出を防ぐようにして製造されますが、保管条件(低温になるなど)によって、濁りを発生する場合があります。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【焼酎・マッコリの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ