ウーロン茶ポリフェノールって?

01
味わいを生む、ウーロン茶ポリフェノール

濃くて、さっぱりとしたサントリーウーロン茶の「味わい」を支える理由の一つが、ウーロン茶ポリフェノール。サントリーウーロン茶では、福建省北部にある武夷山(ぶいさん)やその周辺で育つ茶葉を使用していますが、この地域で育つウーロン茶は、半発酵のウーロン茶の中において、比較的発酵度が高いという特長があります。そのため、健康成分であるウーロン茶ポリフェノールがたくさん含まれています。

02
カテキンがたくさん集まって、ウーロン茶ポリフェノールが生まれます。

カテキンはポリフェノールの一種で、お茶の葉に多く含まれている成分。ウーロン茶は、茶葉を「半発酵」させるという独特のつくり方によって、このカテキンがたくさん重なり合います。カテキンがいくつも結合すると、単体のカテキンにはなかった別の機能性を発揮します。これこそが、ほかのお茶には見られないウーロン茶に特有のポリフェノール、通称「ウーロン茶ポリフェノール」と呼ばれるものなのです。

03
ウーロン茶ポリフェノールのちから。

ウーロン茶ポリフェノールが私たちの体の中に入ったときにもたらされる働きは、国内外の研究機関からつぎつぎと発表されています。中国では、はるか昔、ウーロン茶が健康のために飲まれていたという記述も。「ウーロン茶ですこやかに、きれいに」とよく言われる理由は、ずばり、ウーロン茶ポリフェノールのちからのためなのです。