烏龍茶ってどんなお茶?

皇帝に献上する誇り高いお茶、それが烏龍茶

はるか昔から、皇帝に最高のお茶を献上するという習わしがあった中国。明の時代に入り、もっともっと香りのよいお茶を皇帝に献上しようと、つくり方に工夫が重ねられました。その結果生まれたお茶こそ、ウーロン茶。ちなみに、ウーロン茶は漢字で烏龍茶と書きますが、「龍」の字は、皇帝をさす、とても高貴な言葉だったと言われています。

烏龍茶も紅茶も緑茶も、元をたどればみんなおんなじ。
緑茶 発酵度0%、白茶 発酵度5~10%、黄茶 発酵度5~10%、青茶 発酵度10~80%、紅茶 発酵度100%、黒茶 発酵度80~100%

中国茶には1000種以上とも言われるほど膨大な種類がありますが、これらのお茶はすべてツバキ科の一種、「カメリア・シネンシス」という植物からつくられています。では、お茶の違いとはどこで生まれるかというと、それは、茶葉の発酵度の違いによって生まれてくるのです。代表的なお茶でいえば、紅茶は完全発酵、緑茶は反対にまったく発酵させません。そしてウーロン茶は、絶妙な発酵度で勝負する半発酵のお茶なのです。

中国茶は、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶の六種類に分けられますが、これを“六大中国茶”と呼びます。
烏龍茶は、ちょっと手間のかかるお茶。

発酵は、茶葉の中の酵素の働きで起きる現象ですが、ウーロン茶は途中で火入れして、その発酵をほぼとめてしまいます。というのも、茶葉の主な香り成分「テルペン類」が、半発酵のときに最も引き出されるからです。発酵をとめる最適のタイミングをつかまえることは、長い経験と高い技術がモノを言う、手間のかかる作業。おいしいウーロン茶の味と香りには、そんな背景があるのです。

ウーロン茶は、茶葉の種類によってはもちろん、つくり手の腕によっても、味に違いが出てきます。
烏龍茶を飲み比べてみよう!

プレミアムクリアに使われている黄金桂のほかに、東方美人、水仙、文山包種を用意しました。代表的なウーロン茶を飲み比べてみます。

ウーロン茶と一口に言っても、色も味もまったく違います。発酵度の高いものから低いものまで飲み比べをして、その違いを楽しんでみました。

文山包種

発酵度:約10%

特徴台湾のお茶。緑茶を少し甘くした感じで、ほんのりと花の香りがします。香りを楽しむため、味わいはすっきりとしています。緑茶に近くなじみやすいです。

見た目は、お湯のような透明度です。緑茶の青い香りと、ウーロン茶の花の香りが混じっていて、とてもよい香りがします。
黄金桂

発酵度:約30%

特徴福建省の南、安渓のお茶。香りは甘い花のようで、よい香りが口の中で長く続きます。若干の渋みがあり、さわやかな味で大変飲みやすいです。

甘いだけでなく、さっぱりとしているような印象。リーフから飲むと、プレミアムクリアよりもちょっと強い渋みを感じましたが、飲みやすいです。
水仙

発酵度:約60%

特徴果実のような甘さを香ばしく仕上げていて、味に膨らみがあります。日本人になじみやすい味です。

派手さはないけれど、味が香ばしく、しっかりしていますね。癖が無いので、毎日飲むお茶に適している印象です。
東方美人

発酵度:約80%

特徴香りは完熟した果実のようで、マスカットの香りと形容されることもあります。香りの強いものが非常によいとされています。

熟した果実のような、とろ〜っとした味わい。派手な香りが口に広がりますが、あと味はあまり感じません。

プレミアムクリアは、黄金桂ならではの渋みがなくてクリアな味わい。そして、大きな特長である上品な香りを楽しめます。みなさんもぜひ、茶葉から飲む黄金桂とプレミアムクリア、それぞれの味と香りを飲み比べてみてはいかがでしょうか?それでは次の機会まで、バイ茶!

烏龍茶のルーツは武夷山にあり。

武夷山

ウーロン茶発祥の地“武夷山”の周辺は、お茶どころである福建省の中でも、古くから銘茶の産地として知られています。それは、雨が多く、豊富なミネラル分を含む土壌のおかげで、おいしいお茶の木がすくすくと育つから。ウーロン茶の代表として知られる “武夷岩茶(ぶいがんちゃ)”は、その名の通り、武夷山を代表するお茶です。また、明の時代、皇帝に献上した香り高いウーロン茶も、まさにこの地で生まれました。

ウーロン茶づくりには、「天候」「土壌」「人の技」の3つが欠かせません。その「天地人」が揃ってはじめて香り高い独特の味わいが生まれるんですよ。