PRODUCTION

メーカーズマークを生み出す蒸溜所。

Distillery

バーボンの故郷として名高い広大なケンタッキー州。1951年、その中でも豊かな自然に満ちたロレットの地で、創業一族の6代目だったビル・サミュエルズ・シニアは廃屋同然の小さな蒸溜所を手にしました。敷地内には石灰岩に磨かれたライムストーンウォーターが湧き出る湖もあり、まさにバーボンづくりにうってつけの場所だったのです。

メーカーズマーク蒸溜所の美しさは、アメリカの「国定歴史建造物」に指定されるほど。1951年、6代目ビル・サミュエルズ・シニアとその妻マージーは、風光明媚なロレットの谷にあった農園を買い取りました。なぜなら、そこに小さな蒸溜所と良質な水が湧く湖があり、まさにバーボンづくりにうってつけの場所だったのです。やがて二人は長い年月をかけて、理想の蒸溜所をつくりあげました。

メーカーズマークは人の手で丁寧につくるもの。そんなメーカーズマークの蒸溜所で実際に働く人をご紹介します。

メーカーズマークのつくり手たち。

マスターディスティラー

メーカーズマークのマスターディスティラーは、バーボン業界最年少MDのグレッグ・デイビスです。「機械まかせにせず、熟練の技を駆使して細心の注意を払う。機器は使用するが、それぞれの製造工程で職人の感性が発揮される」と、デイビスは言います。

Bill Jr.'s story ビル・サミュエルズ・ジュニア Bill Jr.'s story ビル・サミュエルズ・ジュニア

6代目ビル・サミュエルズ・シニアの息子。ロケット化学、法律、土木に造詣が深く、ウイスキーづくりの技も備えたビル・サミュエルズ・ジュニアの履歴書は立派なものでした。そんな彼がもっとも誇りにしているのは、ケンタッキー州ロレットにあった小さなバーボン製造会社を全国区にしたことです。

Rob's story ロブ・サミュエルズ Rob's story ロブ・サミュエルズ

ロブはメーカーズマーク蒸溜所のほとんどの職種を経験したことのある稀有な存在です。メーカーズマークのトップをめざして手伝いをはじめたとき、彼はほんの9歳でした。そして今も、父ビルの後継者としての才覚にいっそう磨きをかけているのです。

Dale's story デール・マイル Dale's story デール・マイル

普通の人にとっては最高に思えることですが、デールはそこら中でウイスキーが流れるのを見るのに飽き飽きしているかもしれません。農家であり、加工業者であり、いたずらが大好き、どこをとっても憎めない人物です。

Diane's story ダイアン・ロジャース Diane's story ダイアン・ロジャース

バーボンを試飲して品質を確かめるプロフェッショナル。そんな恵まれた仕事がダイアンの大切な役割です。メーカーズマークの一瓶一瓶が正しくつくられているかを見極めるには、驚異的な舌をもつ化学者のような存在が欠かせません。

Kathy's story キャシー・ジョーンズ Kathy's story キャシー・ジョーンズ

キャシーとバーボンの絆をたどって遡れば、メーカーズマークが完成した最初の一瓶まで行きつくことができることでしょう。その一瓶には、彼女の祖父の署名がつけられているのだから。

Victoria's story ビクトリア・マクレー・サミュエルズ Victoria's story ビクトリア・マクレー・サミュエルズ

彼女はジム・ビームの孫であるブッカー・ノーから直々にバーボンの知識を学んだ経験を持っています。そして今では縁あって、メーカーズマークの製造を監督するトップのポジションを任されているのです。