loading

メーカーズマーク ラインナップ

日本で味わうことのできる本格的なクラフトバーボン、メーカーズマーク。
手間暇をかけて一本一本丁寧につくられる味わいをお愉しみください。

Maker's Mark®

ケンタッキーの小さな蒸溜所から生まれる、唯一無二のクラフトバーボン

メーカーズマークが他のバーボンと一線を画しているのは、ライ麦の代わりに冬小麦を使う点にあります。冬小麦由来のやさしいまろやかさと絹のようにしなやかな口当たり。ふっくらとした甘みと香ばしさが特徴の味わいは、すべて手づくりで丁寧に仕上げられています。

Tasting Notesテイスティングノート

色合い
蜂蜜のような琥珀色
香り
オレンジ・ハチミツ・バニラ
味わい
なめらかでバニラを中心に複雑で繊細・ふっくらした小麦由来の甘み
余韻
柔らかく、しなやかな印象がつづく
容量
700ml
希望小売販売(税別)
2,800円
アルコール度数
45%
  • 私たちだけの、純粋な水 私たちだけの、純粋な水
    私たちだけの、純粋な水
    メーカーズマークの仕込水には、蒸溜所の敷地内に広がるスプリング・フェド湖の良質な湧き水を使用しています。
    石灰岩に磨かれて鉄分が取り除かれた、ライムストーンウォーター。それは私たちだけが手にすることのできる、まろやかな味わいを生むクリアな水です。
  • やわらかな味わいの冬小麦
    仕入れ先を慎重に選りすぐった上質な冬小麦が、メーカーズマークの特徴的な甘みとまろやかさをもたらしてくれます。
  • バージンアメリカンオーク バージンアメリカンオーク
    バージンアメリカンオーク
    製材してから何年も乾燥させた後、焦がしを施したアメリカンオーク樽は、メーカーズマークに豊かな香りと色を与えてくれます。
  • 手作業による蝋づけ 手作業による蝋づけ
    手作業による蝋づけ
    今でもボトルは一本一本手作業で赤い封ろうに浸されています。それはメーカーズマークを鮮やかに印象づける目印になっています。

Lineup

Maker's Mark®

50ml
540円

Maker's Mark®

200ml
924円

Maker's Mark 46™

350ml
1,500円

Maker's Mark®

700ml
2,800円

Maker's Mark 46™

1,000ml
4,000円

Maker's Mark 46™

より甘く、より深い味わいワンランク上のメーカーズマーク

その秘密は「46」だけの特別な製造工程にあります。熟成した原酒樽の中に「インナーステーブ」と呼ばれる焦がしたフレンチオークの板を10枚沈めて、さらに数ヵ月後熟。この期間がもたらす、より深いウィディネス、甘いキャラメルのアロマと、複雑でリッチな風味、長くスムーズな余韻がとりわけ魅力的な味わいをつくり出します。

Tasting Notesテイスティングノート

色合い
深みのある琥珀色
香り
リッチで甘い香り、キャラメル、ウィディネス
味わい
厚みのあるリッチな味わい。オーク樽、キャラメル、バニラのニュアンスが調和
余韻
長く、スムーズな余韻が続く
容量
750ml
希望小売販売(税別)
5,800円
アルコール度数
47%
Maker's Mark 46

Making Maker's Mark 46™メーキング・メーカーズマーク46

メーカーズマーク46は、大胆な個性を与えるために熟練の技で仕上げられた原酒に、特別な焦がしを施したフレンチオークのステーブ(板)を加え、さらに熟成を重ねてつくります。これは、創業者のビル・サミュエルズ・シニアとマージー・サミュエルズの息子、ビル・サミュエルズ・ジュニアの発案によって生み出されました。

  • ウッドフィニッシュ製法シリーズのトップバッター ウッドフィニッシュ製法シリーズのトップバッター
    ウッドフィニッシュ製法
    シリーズのトップバッター
    メーカーズマーク46は、創業以来はじめてラインナップに加わる新しいバーボンであり、ウッドフィニッシュ製法シリーズの初代となっています。オリジナルのメーカーズマークに忠実でありながら、まったく新しい表情を持つクラフトバーボンをつくり出すため、ウッドフィニッシュ製法の効果についてたゆまぬ実験が繰り返されました。それには多くの試行錯誤が必要でしたが、専門知識、情熱、そして不撓不屈の努力が最終的に報われたのです。
  • ステーブの供給源フレンチオークの導入 ステーブの供給源フレンチオークの導入
    ステーブの供給源
    フレンチオークの導入
    さまざまな方法でカットし、焼き、焦がした何ダースものウッドステーブを試しました。そして、カスクのアルコール度数のままのメーカーズマークに加えてみると、焼き焦がしたフレンチオークがバーボンに素晴らしい効果をもたらすことを発見。熟成を重ねることでしばしば生まれる苦みを抑えながら、メーカーズマーク46のバニラとキャラメルの香味を強く表現するには、このバージンステーブが不可欠なのです。
  • “メーカーズマーク46”と名付けたのはなぜか メーカーズマーク46”と名付けたのはなぜか
    “メーカーズマーク46”と名付けたのはなぜか
    ウッドフィニッシュ製法の実験は、長年のパートナーであるインディペンデント・ステーブ社の協力のもとで行われました。先頭に立ったのはビル・サミュエルズ・ジュニアと当時のマスターディスティラーのケヴィン・スミス。最終的に彼らが探し求めた香りを生み出したフレンチオークのステーブプロファイル番号が「46番」であったことにその名前は由来します。
  • 新世代のメーカーズマーク 新世代のメーカーズマーク
    新世代のメーカーズマーク
    ビル・サミュエルズ・ジュニアが追求した「テイストビジョン(求める味)」の結実であるメーカーズマーク46の工程は、新次元の大胆さと多層的な香味をもたらしました。メーカーズマーク46はアルコール度数94プルーフでボトリングされています。これはバニラとキャラメルの香りを際立たせるのに役立つからです。
  • 焦がしたフレンチオーク 焦がしたフレンチオーク
    焦がしたフレンチオーク
    メーカーズマーク46の製造は、メーカーズマーク・カスクストレングスからスタートします。樽に10枚の焦がしたフレンチオークステーブを入れ、さらに9週間熟成を重ねるのです。これ以上長い期間をとると、バーボンに移る木の香味が強くなり過ぎてしまいます。
  • 常に涼しい環境をキープ 常に涼しい環境をキープ
    常に涼しい環境をキープ
    樽は特別に設けられた石灰岩の貯蔵庫に保管されます。この貯蔵庫は涼しく、温度は常に10°Cに保たれています。温度が高いと木材が膨張してタンニンが染み出して苦みのもとになりますが、ここでは温度が低いためタンニンを抑えることでよりよい風味に仕上げられます。

Maker’s Mark