健康と飲料レポート Vol1 トクホは健康習慣ブースター!飲用者の9割が「運動」などの行動も実践するように!

イメージ画像

サントリー食品インターナショナル株式会社では、
2014年より「トクホレポート」として消費者の特定保健用食品(以下、トクホ)の飲用動向調査を実施してきました。
2017年に実施した調査の結果をわかりやすくお届けします!

トクホ飲料が「健康習慣ブースター」として運動や食事などの生活習慣改善のきっかけになっていることを詳しくご紹介します。

健康に良いことをしたい人は約8割、
実践できていない人は約6割の「健康ジレンマ」

 「できるだけ健康に良いことをしたいと思う」と考える人は、75.9%と全体の約8割を占めます(図1)。
一方で、なんらかの健康行動を習慣的にできていない人は61.0%と、全体の約6割でした(図2)。
健康を保つ行動をしたいと考えながら、実際には習慣化できない「健康ジレンマ」があることが伺えます。

図1 健康意識 図2 健康の行動の実施

約7割も!? 健康を意識して何らかの飲料を飲んでいる

本調査によると、健康のために何か飲料を飲んでいる人は、約7割に上ります(図1)。生活者の中で「飲料で健康に」という行動が一般化していることが伺えます。
その理由としては、「手軽に続けられる(56.9%)」「普段飲んでいる飲料でついでに健康対策できる(33.0%)」「おいしいので続けやすい(29.2%)」「忙しいときでも気軽にできる(27.9%)」が上位に挙がりました(図2)。軽い気持ちでできる、続けやすい健康対策のひとつとして、飲料は人気があるようです。

図1 健康のために何らかの飲料を飲んでいる 図2 健康のための飲料を飲む理由

約9割の人がトクホ飲用開始に伴い、
「食事」や「運動」などの他の行動も健康的に変化!

イメージ画像

トクホ飲料を飲んでいる人のうち、「トクホ飲料飲用開始に伴って健康に関する意識や行動に変化があった」と回答した人は約9割にのぼりました(図3)。
また、変化した意識や行動の内容については、「健康に対する意識」そのものがトップ(24.3%)で、次いで「運動(18.4%)」「食事(17.1%)」の習慣が実際に変化したという回答が上位に挙がりました(図4)。
トクホ飲料の飲用がきっかけとなって健康意識が高まり、運動や食事などの生活習慣の改善を試みようとする傾向が見受けられ、トクホ飲料が「健康習慣ブースター」として機能していることが伺えます。

図3 トクホ飲料飲用開始に伴う意図や行動の変化 図4 トクホ飲料飲用開始によって変化した意識・行動

トクホ飲料を習慣的に飲む人は、運動など他の健康習慣を重視、身につく傾向に!

健康のためにトクホ飲料を飲む人は、飲んでいない人も含めた全体と比較すると、他の健康行動もあわせて実施している割合が高い結果となりました(図5)。
また、トクホ飲料を習慣的に飲んでいる人のうち、約8割(79.4%)が「運動など他の健康行動との組み合わせが大切」と考えています(図6)。トクホ飲料ユーザーは運動など他の健康行動も重視し、それが習慣づく傾向が見られます。

図5 他の健康行動を実施しているか 図6 トクホ飲料と他の健康行動に対する意識「あてはまる」「ややあてはまる」の合計

トクホ飲料の飲用習慣は、身近であるがゆえに始めやすく、また食事や運動といった他の健康行動を開始するきっかけになる「健康ブースター」としての役割を担っている様子がうかがえました。

いかがでしたでしょうか。
健康行動をなかなか実践できない人は、まずはトクホ飲料を飲んでみることからはじめることで健康意識が変わる、かも?

  • 新習慣「朝トクホ」って?働く人の約6割が朝にトクホ飲料を飲んでいる!
  • 20~30代男性では、2人に1人が飲用!若い世代にも急速に普及するトクホ飲料
飲料レポート全文へ 過去レポート一覧へ
調査名称:
健康と飲料に関する意識調査
調査地域:
全国
調査期間:
2017年6月16日(金)~6月19日(月)
調査手法:
インターネット調査
実施集計:
楽天リサーチ
調査対象:
居住する20~70代の男女個人

※飲料・食品・医薬品、広告・マスコミ・調査関連に従事する人を除く

質 問 数:
スクリーニング:11問、本調査:47問
調査人数:
スクリーニング調査 29,534人
(男性14,573人、女性14,961人)
※人口構成比に合わせてウェイトバック集計
本調査 2,400人
(男性1,185人、女性1,215人)
※人口構成比とスクリーニング出現率に合わせてウェイトバック集計
  1. 1) トクホ飲料とはトクホの「緑茶・麦茶飲料」「ウーロン茶・混合茶(ブレンド茶)飲料」「炭酸飲料」「スポーツドリンク」「コーヒー飲料」を指します。
  2. 2) 飲用率とは、対象者のうち、1年以内にトクホ飲料を飲んだことがある人の割合を指します。
  3. 3) 健康行動とは、調査表項目における食事、運動、睡眠等を含めた健康に関する行動を指します。
<本調査内訳>
トクホ飲料 ヘビーユーザー(トクホ認知 かつ 週1回以上飲用者):600名
トクホ飲料 ミドルユーザー(トクホ認知 かつ 月1回以上週1回未満飲用者):600名
トクホ飲料 ライトユーザー(トクホ認知 かつ 年1回以上月1回未満飲用者):600名
トクホ飲料 ノンユーザー (1年以内非飲用者):600名