京都福寿園は、寛政二年(1790年)に、初代、福井伊右衛門によって京都に創業された茶舗。
お茶のおいしさを広く気さくに。という精神で、日本におけるお茶文化浸透の一翼を担ってきました。
おいしさへの追求を続けてきた末に、創業200年には、お茶を多面的に捉えた研究機関を設立。
そして2004年。現代生活にフィットしたペットボトルでの本格緑茶「伊右衛門」をサントリーと共同開発しました。
時代を超えて脈々と受け継がれてきた、確かな技術と誇りで、
日本茶の新しいおいしさへの革新を、世界に発信し続けています。

茶匠とは、お茶づくりにおける最高責任者。全国の茶農家をまわり、
原料となる茶葉を厳選する「仕入れ」から、「火入れ」と呼ばれる焙煎、さらに数種類の
茶葉を組み合わせ、個性を引き出す「合組(ごうぐみ)」までを一手に引き受ける、お茶の匠です。

「伊右衛門の味わいにふさわしい茶葉」の基準は茶匠が持っています。
あらゆる茶葉がその基準に適合するかをみるために、官能審査という五感を使った検査を日々行い、
それぞれの茶葉の特性を最大限に生かすことを心掛けています。

お茶は、単一の茶葉ではおいしいお茶にはなりません。
香りや甘み、そして適度な渋みをバランスよく持たせるために、それぞれの特徴を持った
茶葉をブレンド=「合組」します。
茶匠は常に、お茶を飲むシーンまでイメージし、お茶の旨みと渋み、
香りのバランスを決定しているのです。

1000通りもの合組の中から伊右衛門にふさわしいたった1組の組み合わせを探し当てる。