サントリー文化財団

menu

サントリー文化財団トップ > 研究助成

研究助成

人文学、社会科学に関する研究助成

日本と世界の学術・文化のさらなる発展に寄与することを目指して、5つのプログラムの研究助成を行っています。

研究助成「学問の未来を拓く」

※「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」の名称変更と要項の改訂を行いました。

人文学、社会科学の分野において、従来の「研究」や「学問」を問い直す、知的冒険に満ちたグループ研究活動の振興を目的とします。研究を行う上での課題や困難に対し、解決方法が明らかでなくても、それを乗り越えようとする「試み」を応援する、民間財団ならではのプログラムです。大学等に所属の研究者だけではなく、多様なバックグラウンドを持った専門家の参加を歓迎します。

助成対象

人文学、社会科学に関するテーマで、さまざまな分野のメンバーによる冒険的で意欲あるグループ研究。

助成金額

1件につき50万円から300万円の範囲で助成

助成期間

8月~7月

申請期間

2月~4月

助成の決定

7月

研究助成「地域文化活動の継承と発展を考える」

※「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」の名称変更と要項の改訂を行いました。

日本の地域文化活動の継承と発展に寄与する研究の振興を目的としています。地域文化活動を行っている人(実践者)や地域文化活動に関心のある研究者による、地域文化活動の現場に寄り添った、具体的で実践的な研究を求めます。

助成対象

研究内容が、研究対象の地域文化活動、またはそのジャンルの地域文化の継続と発展に貢献し、その成果が具体的に還元されるグループ研究。

助成金額

1件につき50万円から300万円の範囲で助成

助成期間

8月~7月

申請期間

2月~4月

助成の決定

7月

若手研究者のためのチャレンジ研究助成

人文学、社会科学の分野において、学問的な新しい地平を切り拓こうとする、意欲ある若手研究者の支援を目的とします。斬新な発想で取り組む、大きな展望を持った研究であると同時に、学術的・社会的に広がりのある研究を対象とします。

助成対象

原則として、35歳以下の若手研究者による人文学、社会科学分野の個人研究

助成金額

1件につき100万円を上限として、原則申請額の満額を助成

助成期間

4月~3月

申請期間

10月~11月

助成の決定

3月頃

若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成(鳥井フェローシップ)非公募

日本国籍を有する、もしくは日本語を母語とする博士課程修了前後の将来性ある研究者を発掘、育成することを目的とします。人文学、社会科学の分野における学術上意義の大きな研究を対象とします。なお、当財団の指定した方からのみ、推薦を受け付けています。公募・自薦はできませんので、悪しからずご了承ください。

外国人若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成(サントリーフェローシップ)非公募

日本以外の国籍を有する博士課程修了前後の将来性ある研究者を発掘、育成し、日本と諸外国の学術交流ならびに相互理解の増進に資することを目的とします。人文学、社会科学の分野における学術上意義の大きな研究を対象とします。なお、当財団の指定した方からのみ、推薦を受け付けています。公募・自薦はできませんので、悪しからずご了承ください。

サントリー文化財団